【ブラックペアン】6話のあらすじと感想☆渡海の母は助かるのか?

【ブラックペアン】6話が、5月27日に放送になりましたね!

東城大では、渡海の母・春江さんの手術支援ロボットを使った手術が行われることになりました。

果たして手術は成功するのか・・・渡海先生と佐伯教授との関係は明らかになるのか・・・。

今回は、【ブラックペアン】6話のあらすじと感想をご紹介します^^

【ブラックペアン】5話のあらすじや感想の関連記事はこちら☆

【ブラックペアン】5話のあらすじと感想☆ダーウィンは人に敵わない?

 

スポンサーリンク

 

【ブラックペアン】6話のあらすじ

渡海の母が登場!緊急搬送される!?

前回佐伯教授の元に匿名で届いた、ペアンが写ったレントゲン写真。

佐伯教授と看護師長・藤原は何かを隠している様子。

そんな時、突然渡海の母・春江が東城大を訪れます。

古い事務棟を見つめていた春江。

通りかかった看護師・美和が声をかけます。

渡海は緊急のオペに入っているということで、待つ間に美和と治験コーディネーターの木下と食事に行くことに。

楽しく食事をしていた3人でしたが、突然苦しみだして倒れ込む春江

東城大に搬送された春江は、緊急手術を受けることに。

外科准教授・黒崎の手術によって、一命を取り留めた春江。

渡海にも状況が伝えられ、病室へ向かうとそこには佐伯教授の姿が。

無事で良かったと言う佐伯教授に、「出ていってもらっていいですか」と返す渡海。

佐伯教授は驚きながらも、「お大事に」と言って病室を後にします。

招かれざる客・カエサルが東城大にやってきた!

インパクトファクターを巡る戦いが未だ続いている佐伯教授と西崎教授。

そんな中、西崎教授と厚労省の思惑にやられ、なんのメリットもない国産ダーウィンの治験を引き受けることになってしまった佐伯教授。

様々な思惑を秘められた日本初の手術支援ロボット、国産ダーウィン・Caesar(カエサル)が東城大へとやってきました!

”日本の最先端テクノロジーが凝縮された、究極の医療ロボット”だと豪語する高階。

佐伯教授は、そんな高階をカエサルの担当にすることを決定します。

春江の手術は医療過誤だった!?

術後の詳しい検査を行っていた春江。

その検査で『腫瘍の見落とし』という、大変なことが発覚してしまいます!

緊急カンファレンスが開かれ、対策が考えることに。

腫瘍が残った原因は見落としじゃないのか、と渡海に詰め寄られる黒崎。

佐伯教授になだめられた渡海。大人しく引き下がるのかと思いきや・・・

「ではこの責任、病院にとってもらいましょう」

そして患者の身内として、和解金2000万円を要求するという渡海。

明らかな”医療過誤”だと主張する渡海に、自分が再手術を執刀すると伝える佐伯教授。

しかし渡海は「お断りします」とそれを拒否!!

過去に失敗した例があるため、身内の手術で執刀することを認めていないという規則がある東城大。

渡海は、和解の話がまとまるまで手術は保留だと言い残して去っていきます。

春江の再手術はカエサルで行われることに!

東城大には、近くで工事現場で崩落事故が起きたとのことで、27人ものケガ人が搬送されてきます。

渡海までが応援に駆り出される始末。

そんな病院が大変な状況の中、高階は春江の病室へ。

そこで高階は、『カエサルを使った再手術』を春江に提案するのでした!

高階の説明と説得で、春江はカエサルの治験を承諾。

事故で運び込まれたケガ人たちの治療を一通り終え、春江の病室の前を通りかかった渡海。

そこで春江がカエサルでの手術に同意したことを知ります。

高階に任せることにした、という春江の言葉を聞いて、渡海は高階の元に向かいます。

明日早速手術をするという高階に、和解金の話がまとまっていないから無理だという渡海。

そんな中、手術のことで1つ話があると春江に呼び出される高階。

輸血が足りない!?渡海は春江を救うことができるのか・・・

容態が急変し、カエサルでの緊急手術を行うことになった春江。

渡海も見守る中、予定より早まったロボット手術が開始されました。

順調に進んでいくカエサルでの手術。

最後の縫合も完了し、成功したかと思われた手術でしたが、出血が止まらないという自体に・・・!

輸血を指示しますが、工事現場崩落の事故での治療でほとんどの輸血が使われてしまい、わずかな輸血しか残っていません。

春江の血液は、珍しいA型のRh-。

必死で探し回るも、なかなか集まりません。

この状況で春江を救えるのは、佐伯教授と渡海だけ

佐伯教授に任せるわけにはいかない渡海は、自ら執刀することを選択し、オペ室へ。

血が足りない状況でしたが、なんと高階の血液型がA型のRh-だとわかり、高階の血を輸血することに!

ふらふらになる高階の元に、研修医たちが集めてきた輸血がたくさん集まってきました!

そのおかげで手術は無事成功に終わりました☆

春江の執刀をした渡海。処分は・・・?

東城大の規則に背いて執刀した渡海の処分を考えていた佐伯教授。

しかし高階が出した手術の同意書を見て、佐伯教授は驚きます。

そこには但書として一言、

「もしもの状態が本当に危険になった場合、息子渡海征司郎に最後の執刀をお願いしたい。」

という要望が添えられていたのでした!

患者の要望が何より優先されるので、渡海の行動はなんの問題もない、ということになりました♪

目を覚ました春江は、身内が執刀したらクビという話を聞いてしまったと美和に話します。

春江の渡海を思う気持ちを聞いていた世良は、思わず涙するのでした。

後日、渡海に「どうして佐伯教授の執刀に反対したのか?」と尋ねる高階。

「俺は佐伯清剛という男を信じていない。あいつは、俺の親父を裏切った。」

と答え、去っていく渡海。

6話はここで終わりました!

スナイプが終わり、今度は手術支援ロボットの話が軸になっていくようですね(@_@)!

スポンサーリンク

 

【ブラックペアン】6話の感想

5話からはスナイプではなく、手術支援ロボット・ダーウィンがメインになりましたね!

渡海先生の母・春江さんがカエサルの治験第1号となった6話。

海外製のダーウィンとは違い、コンパクトな手術支援ロボットでしたね!

いずれは、ロボットが手術をすることが当たり前になる時代が来るのでしょうね・・・。

佐伯教授と渡海先生の因縁?的なことは詳しく明かされないまま終わってしまいました。

美和ちゃんが佐伯教授と渡海先生の父・一郎さん連名の論文を見つけてましたし、なにか関係ありそうですね!

それにしても、渡海先生はあの危険な状態からよく助けられましたよね☆

”人は1人では生きていけない”という春江さんの言葉の意味が、あの手術シーンに詰まっていた気がします。

助け合って協力し合わないと、人の命は救えないということですよね!

渡海先生、お母さんが出てきて、ちょっと感情がいつもより出ていたんじゃないかなと思います!

ほんとにほんのちょーっとだけですが、いつもより表情が柔らかい気がします♪

そして春江さん!息子のために、一筆要望を添えるなんて・・・すごいですよね!

ファインプレーでした♬

輸血が足りないときはちょっとヒヤヒヤしましたよね!

私もRh-型なので、自分がこんな状況になったら・・・と考えたら他人事に思えなくて、ずっとドキドキしてました。笑

また、春江さんの渡海先生に対する思いを聞いて涙を流す世良先生も可愛かったです♡

すっごく久しぶりに泣いちゃいましたよね、世良先生☆笑

今回は世良先生の成長も見られて良かったです!

やっぱり渡海先生に厳しくされてるから、同期の中でも1番成長しているんですね!

それに自分では気づいていないという世良先生・・・やっぱり可愛い♡笑

7話は渡海先生が帝華大へ・・・?

なんだか波乱の予感です!

 

【ブラックペアン】6話の裏話☆

今回も【ブラックペアン】の裏話をご紹介します☆

崩落事故でケガ人が搬送されてきたシーン

工事現場で崩落事故が起き、27人ものケガ人が運び込まれたシーンでの裏話。

この患者さんは?と世良先生に聞かれた渡海先生が言った一言。

「一人も殺すなよ」

とってもゾクッとする言葉でしたよね!

笑顔も怖さを増長させてました!

実はこの言葉はアドリブで、台本に書かれているのは「いいから言う通り黙ってやりゃいいんだよ!」だったそうです!

全く違う雰囲気になりますよね!?

一人も殺すなよって・・・怖いけどすごく渡海先生らしさが出てる言葉だな、と思いました!

ちなみに、世良先生が渡海先生に言った、

「渡海先生、この患者さんは?」

という言葉もアドリブだそう!

元々は無かったセリフだったらしいのですが、世良先生が提案して採用された言葉だったようです♪

世良先生もどんどん成長していますね☆

春江さんの手術シーン

春江さんのカエサルでの手術シーンにも裏話が。

手術が終わり出ていこうとする渡海先生。

「最初から自分でお母さんの執刀をされるつもりだったんですね」と尋ねる高階先生に渡海先生が言った一言。

「お前なかなか死なないな」

このセリフも元々は無かったセリフだそうです!

瞬時に渡海先生らしいセリフが出てくる二宮和也さん。本当にすごいです!

7話の裏話もお楽しみに^^

 

まとめ

【ブラックペアン】6話についてご紹介しました!

お母さんの登場で、今までより少し感情が出たかなと感じた渡海先生。

前回は高階先生とのコンビネーションがバツグンでしたが、今回は世良先生との息がピッタリでしたね☆

そして久々に見た、世良先生の涙!笑

最近泣かないな~と思っていたら、まさかのところで泣いてましたね!

【ブラックペアン】7話の予告はこちら☆

渡海先生が帝華大から引き抜き・・・?

木下の元同僚が東城大でカエサルの治験を受ける・・・?

気になることがありすぎて楽しみですね!

7話は、6月3日21時から放送です^^

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ