【オリオン座流星群2018】東京・関東で見える場所や方角とピーク時間は?

10月22日の未明頃にオリオン座流星群が極大を迎えるため、観測するチャンスがやってきます!

2017年は、残念ながらあまり全国的に天気が良くなかったんですよね・・・。

今年は天気が良いところが多く、全国各地で観測することができるという予測がされています☆

今回は『2018年のオリオン座流星群』について、東京や関東での観測場所や方角、ピークの時間帯などをご紹介いたします^^

スポンサーリンク

 

2018年の『オリオン座流星群』は数が少ない?

毎年10月頃、活動が活発になる『オリオン座流星群』

2017年は、最高の条件が揃っていたにも関わらず天気が良くなかったんですよね(T_T)

今年は全国的に秋晴れで夜も天気が良く、オリオン座流星群が見れるチャンスが高いと予測されています☆

しかし、満月前の明るい月が夜空を照らしている影響で、今年は”出現する数が少ないかもしれない”とのこと。

なかなか全ての条件が揃う年は来ないですね~・・・自然に起こる現象はやっぱり難しいです(>_<)

とはいえ、空の条件が良いところでは1時間あたり5個程度の流星が見えると予想されているので、たくさん見れることを期待したいですね^^

ピーク=1番見える時間ではない!?

オリオン座流星群を見る上で気になるのは、『1番ピークの時間帯』ではないでしょうか。

せっかくならより多くの流星を見たい、と誰もが思うことですよね!

2018年のオリオン座流星群極大を迎えるのは、10月22日の午前2時頃と予想されています。

極大とは流星群のピークのことで、流れ星が1番出現する時間ということ。

単純に考えると、「午前2時頃が1番見れるのね!」と思いますよね。

しかし、実際に『流れ星を1番見ることができる時間』は、ピークの時間とは違うことが多いのです!

実はこの時刻はまだ明るい月が夜空に出ているので、ハッキリと見ることができないんですよね。

特に今年は満月前の明るい月なので、余計に見えづらいということに・・・。

以上のことを踏まえて2018年の見頃はずばり、10月22日の”午前3時~明け方にかけて”になります!

明け方は寒くなりますので風邪を引いたりしないよう、時間を間違えないように観測しましょうね^^

スポンサーリンク

 

どっちの方角に見えるの?

”オリオン座”が見えるのは、『東南東』の方角になります。

しかし勘違いしないでいただきたたいのは、流星群はどの方角でも見ることができるのです!

あくまでもオリオン座が浮かんでいるのが東南東であって、流星群が見えるのはその方角だけというわけではないということを覚えておいてくださいね☆

流れ星は方位を気にすることなく楽しめるので、できる限り空全体を見ることができる場所での観測をオススメします♪

広く空が見渡せる場所で、より多くの流れ星を見つけてみてくださいね^^

東京や関東のオススメ観測場所は?

全国的に観測することができると予測されている2018年の『オリオン座流星群』

「せっかくなら街灯の少なくキレイに見える場所で見たい!」と思っている人も多いのではないでしょうか!

そんな人必見の、東京や関東のオススメスポットをご紹介します☆

奥多摩湖 / 東京

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

けたるっちさん(@ketaruchi)がシェアした投稿

東京の西多摩郡に位置する、奥多摩町にある奥多摩湖

都心から2時間ほどで行くことができる場所なのに、同じ東京とは思えないほどの満点の星空を望むことができます!

周りも明かりが少ないので、星空をたっぷり楽しむことができます☆

山岳地帯のため、空気も澄んでいてとてもキレイな星空を堪能できちゃいますよ^^

東浪見海岸 / 千葉

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Maruri.Nさん(@maryy.2424)がシェアした投稿

サーファーの聖地でもある東浪見海岸

東浪見海岸は鳥居と星空、海を一緒に眺めることができる珍しい場所です!

暗闇の中、星空に照らされた鳥居と海を見れるなんて・・・贅沢ですしとっても神秘的ですよね☆

東浪見海岸の近くにある”雀島”もオススメスポットの1つ!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hikaru(Beyond Creation)さん(@hikaru_photos)がシェアした投稿

夫婦岩が有名な場所なのですが、2つの岩の間から見える星空と海のコラボレーションは最高に素敵ですよ♪

ただ、夜だと道がわかりにくいのが難点・・・。

興味があって行かれる人は、迷子にならないように注意してくださいね!

城ヶ島 / 神奈川県

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

あさやんさん(@ry.asa)がシェアした投稿

三浦半島の最南端に位置する城ヶ島

芝生の公園や海岸などがあり、昼間も絶景が望める場所です!

海岸にある”馬の背洞門”から見る星空は絶景☆

東京からも近いのも嬉しいポイントですね♪

まとめ

2018年の『オリオン座流星群』についてご紹介しました!

10月22日の午前3時頃から明け方にかけて見頃を迎える『オリオン座流星群』。

今年は天気が良いので、多くの場所で観測することができそうです☆

ただ深夜や明け方はかなり冷えるので、しっかりと厚着をしたり温かい飲み物を用意して観測に望みましょう!

ぜひお気に入りの場所から空を見上げてみてくださいね^^

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ