自動ルービックキューブがスゴイ!仕組みどうなってるの?どこで買えるかも調査!

 

6つある面を全て揃えるルービックキューブ

昔からある、大人にも子供にも人気のおもちゃですよね☆

そんなルービックキューブですが、自動で全ての面が揃う『自動ルービックキューブ』が登場!

テレビで紹介されて大注目を集めていますね♪

一体、中の仕組みはどうなっているのでしょうか?

また、どこで買えるのかも気になりますよね!

そこで今回は、『自動ルービックキューブ』の仕組みや購入できる場所について調査してまとめました^^

スポンサーリンク

 

自動ルービックキューブがスゴすぎる!

2019年9月に放送された『行列のできる法律相談所』で、『自動ルービックキューブ』が紹介されていました!

6面をバラバラにした状態でテーブルに置くと自動で6面を揃えてくれるという、超画期的なおもちゃです☆

実際の動画がこちら↓

すごくないですか!!??

全部揃えるのはもちろんですが、スピードの速さがスゴイですよね!!

どれだけバラバラにしても、ほんの数秒で元通りになってしまう・・・。

まるで生きているかのような姿です!

自分で揃えるのが醍醐味のルービックキューブなので、物足りないという人もいるかもしれませんが個人的には大好きです♡笑

これならずっと見ていられますね~^^

自動ルービックキューブの製作者は『蕪木孝(かぶらぎたかし)』さん!

とっても面白い自動ルービックキューブですが、『蕪木孝(かぶらぎたかし)』さんという方が制作されました☆

プログラマーの仕事を退職後、ルービックキューブの制作に力を入れて2年半で完成させたそうです!

なんでも、YouTubeで見た「ルービックキューブを完成させるロボット」がキッカケとのこと。

「モーターを中に入れて自分で動くようにしたらもっと面白くなる」と思い立ち制作を始めたのだとか(*_*)

発想がスゴイですよね^^

スポンサーリンク

 

自動ルービックキューブの仕組みは?

自動ルービックキューブはモーター音を立てながら色を揃えていくので、「中にモーターが入っている」ということはわかりますよね!

蕪木孝さんは自動ルービックキューブを制作する上で、

・本家のルービックキューブと同じように手で回すことができる

・電池やコンピューターなどの必要なものは全部中に入れる

・混ぜた手順の逆再生ではなく、解いて色を揃える

・本家のルービックキューブと同じサイズ

・テーブルの上で色を揃える

ということに苦労されていたそうです。

自動ルービックキューブもルービックキューブと同じ大きさなのだとは驚きでした(´゚д゚`)

あの小さい中にモーターを詰め込むのは相当難しいですよね・・・。

そして完成した自動ルービックキューブには、『6つのモーター・加速度センサー・コンピューター』が内蔵されているそうです!

中身の動きを公開した動画がありましたのでご紹介しますね!

ものすごいわかりやすい!

とってもスムーズに動いていますよね☆

こんな複雑な仕組みを2年半で作れちゃうのはスゴイです( ゚д゚)ハッ!

スポンサーリンク

 

自動ルービックキューブはどこで買える?

自動ルービックキューブですが、今のところ発売の予定はないそうです。

なので、買える場所はないということですね!

これだけ面白いおもちゃなので発売したら売れそうですが・・・残念です(-_-;)

開発にはかなりの費用がかかったそうで、もし販売するとしても「1個100万円でも安いかも」とのこと!

100万円だとさすがに一般家庭では手が出ない値段ですね(._.)

ちなみに・・・YouTuber・水溜りボンドさんのチャンネルでは、この自動ルービックキューブを使ったドッキリ動画が投稿されています☆

目の前でルービックキューブが自動で完成していく光景・・・ちょっと恐怖かも!笑

自動ルービックキューブだと知らなかったら、驚くこと間違いない(´゚д゚`)

YouTuberとのコラボやテレビで紹介されることで今後、低価格で商品化されることを期待したいですね!

まとめ

自動ルービックキューブの仕組みや購入できる場所についてご紹介しました!

わずか数秒で、バラバラだったルービックキューブが揃うなんて・・・

想像以上にすごいおもちゃでしたね(´゚д゚`)

ただ、現在はまだ販売されていないようなので、今後の商品化に期待ですね^^

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ