東京オリンピック延期で嵐の活動休止も延期?カイトはどうなる?代役か?

 

嵐,米津玄師,カイト

2020年の夏に開催が予定されていた『東京オリンピック2020』

世界中で感染が広がっている新型コロナウイルスの影響で、1年程度延期することが正式に決定しました!

年内の開催は無理とのことで、来年の開催になると発表されていますね。

東京オリンピック2020のスペシャルナビゲーターには「嵐」が内定していましたが、「嵐」は2020年いっぱいで活動休止することが決まっていますよね・・・。

果たして、スペシャルナビゲーターはどうなってしまうのでしょうか?

そこで今回は、東京オリンピック2020の延期で嵐はどうなってしまうのかを調査しました!

スポンサーリンク

 

東京オリンピック延期で嵐の活動休止も延期?

東京オリンピックの『NHK東京2020オリンピック・パラリンピックスペシャルナビゲーター』に就任している「嵐」

嵐はナビゲーターとして、アスリートや大会関係者と交流したり、活躍を特伐番組で伝えたり・・・

東京オリンピック・パラリンピックの魅力などを伝える役割を担っていまますね☆

しかし!嵐は2020年12月31日をもって活動休止を発表されています。

東京オリンピックが1年程度延期となると、嵐はすでに活動休止期間に入ってしまいますよね。。。

活動休止前の大きな仕事、とまで言われていた東京オリンピックのナビゲーター。

有終の美を飾るにふさわしいイベントだったわけですが、延期になった場合、嵐はどうなってしまうのでしょうか?

オリパラ実施本部によると、「現時点では変更を考えていない」とのことなので、2020年中は嵐がスペシャルナビゲーターとして活動することになると思われます。

「もしかしたら嵐の活動休止が延期になるかも・・・!?」と考えるファンも多いと思うのですが、個人的な意見としては”活動休止が延期になる可能性はほぼない”のではと考えます!

活動休止2年前に発表し、おそらく2020年末に照準を合わせて活動してきたであろう嵐。

ここにきて活動休止を延期します、というのはさすがにないと思われますね(._.)

嵐やジャニーズからは正式なコメントはまだなので、発信される情報を待ちましょう!

スポンサーリンク

 

東京オリンピック延期で『カイト』はどうなる?

東京オリンピックのスペシャルナビゲーターに就任している「嵐」は、『2020NHK応援ソング』も担当しています!

『パプリカ』で有名な米津玄師さんが作詞・作曲を担当した『カイト』という楽曲ですね♪

2019年末の紅白歌合戦で嵐が初披露し、大きな話題となりました!

しかし・・・

嵐が活動休止となってしまうと、『カイト』も使われなくなってしまうのでは?

という疑問が(*_*)

しかしこの楽曲に関しては、変更されないのではないかなと思います!

嵐に提供された楽曲なのは間違いないですが、あくまでも「東京オリンピックのために書き下ろされた楽曲」なんですよね。

そのため、東京オリンピックが開催される限りカイトは使い続けられると思われますね☆

東京オリンピックスペシャルナビゲーターは代役か?

嵐が2020年末で活動休止となった場合、東京オリンピックのスペシャルナビゲーターは代役を立てることになると思われます

一体、誰が代役に就任するのでしょうか?

オリパラ実施本部は、「来年は現時点では何も決まっていない」とコメントされています。

そのため、2021年の東京オリンピックでスペシャルナビゲーターを務める人選はこれからということになりそうですね。

ネットでは、「king & Prince」「SMAP」の名前が挙がっているようですが・・・

おそらくこの2組はないんじゃないかなぁ(-_-;)

キンプリは嵐と比べるとまだ少し荷が重い感じがしますし、あと1年程度でSMAPが再結成する可能性は限りなく低いと思われます。

個人的には、櫻井翔さん単独でのスペシャルナビゲーターの可能性もありえるのではないかと!!

キャスターとしても活躍されている櫻井翔さんなら、1人になってもこなしてしまいそう(._.)笑

代役が同じジャニーズから出されるのか、はたまた全く別のところから選ばれるのか・・・

詳しい情報が入り次第、追記していきます!

まとめ

東京オリンピック2020の延期によって嵐がどうなるのかご紹介しました!

史上初となるオリンピックの延期。。。

嵐は活動休止の期間を延期することはおそらくないので、代役をたてることになると思われます!

一体誰になるのか・・・まだハッキリとしたことはわかっていないので、分かり次第追記していきますね^^

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ