クラスター発生のホストクラブは新宿のどこ?公表しない理由はなぜ?

 

ホストクラブ

新宿エリアのホストクラブで新型コロナウイルスのクラスター感染があったことが判明しました。

なん・・・と12人もの従業員が感染していたとのこと(*_*)!

一体どこのホストクラブなのか、お店が気になるところですが・・・

現在のところ店名は明らかにされていません(._.)

一体なぜ公表されないのでしょうか?

今回はクラスターが発生した新宿のホストクラブはどこなのか、また公表しない理由はなぜなのかを調査してまとめました!

スポンサーリンク

 

クラスター発生のホストクラブは新宿のどこ?

12人もの感染者を出し、新型コロナウイルスのクラスターが発生した新宿のホストクラブ

どこのホストクラブなのかが気になるところですよね!

調べてみたのですが、現在のところお店の名前などは公表されていませんでした(._.)

しかし、一部のSNSでは特定されているようなツイートも・・・。

「生誕パーティーが行われていたホストクラブ」とのこと!

新宿歌舞伎町には約230店ものホストクラブが存在します。

同じ日に生誕パーティーが行われているホストクラブが複数ある可能性は大いにありますよね!

そのため、今現段階での特定は難しいと思われます。

クラスターが発生したホストクラブに関しては、詳しい情報が分かり次第追記していきます!

スポンサーリンク

 

店名を公表しない理由はなぜ?

新型コロナウイルスのクラスターが発生していたことが明らかになったホストクラブ。

クラスターが発生しているにもかかわらず、店名を公表しない理由はなぜなのでしょうか?

これまでクラスターが発生した場所に関しては、店名などが必ず公開されていました。

大阪のライブハウスや川崎の病院などがその筆頭ですよね!

しかし、店舗名を公表しない理由については発表されていません

お店側や経営者の意向であるのか、はたまた政府や東京都の思惑があるのか・・・

どちらにしても公表されるところとされないところがあるのは不公平ですよね。

公表を義務付けするなど、これ以上感染が拡大しないような対策をとってもらいたいですね(._.)

店名が公表されないことに対する世間の反応

クラスターが発生した新宿のホストクラブに対する、ネットの反応をまとめました!

やはり、批判的な意見が多いですね(._.)

緊急事態宣言は解除されましたが、東京アラートは発動中。

さらに、「接待を伴う飲食店」の営業は未だ休業要請の段階です。

そんな中で営業しているだけでも批判を浴びる要因になっているのに、クラスターを発生させて店舗名も公表しないとなると、責められても仕方がない気がしてしまいますよね・・・(-_-;)

営業しないとお店が潰れてしまったり、働く従業員が生活できないといったことももちろんあると思います。

ただ最低限、これ以上の感染拡大を防ぐためにも、店舗名の公表などはするべきではないかなと感じますね。

まとめ

クラスターが発生したホストクラブについてご紹介しました!

店舗名などは公表されていませんでしたね。

今後どのような対応がされるのか・・・注目ですね!

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ