【極主夫道】娘役は誰?原作では娘は登場しない?年齢設定が厳しすぎる!

 

極主夫道

「くらげパンチ」原作のマンガ、『極主夫道』がドラマ化されることが話題となっています!

玉木宏さんの極主夫姿・・・似合ってますよね☆

ドラマには、原作の設定にはない”娘役”が登場するのですが・・・一体誰が演じるのでしょうか?

また母である”美久”の年齢からすると、娘役には無理があるのではないかと疑問の声も上がっています。

そこで今回は、ドラマ『極主夫道』に登場する娘役について調査してまとめました^^

スポンサーリンク

 

【極主夫道】娘役役は誰?

2020年10月11日から放送がスタートする新ドラマ『極主夫道』

ウェブコミックサイト「くらげパンチ」が原作の大人気マンガですね☆

龍と美久の間に生まれた娘役は、白鳥玉季さんが演じることがわかりました♪

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ドラマ『極主夫道』【公式】(@gokushufu_drama)がシェアした投稿

白鳥玉季さんといえば・・・

『テセウスの船』『凪のお暇』に出演されている、大人気の子役ですね(*´ω`*)

可愛い見た目と、ハスキーな声のギャップに惹かれる人が続出しているんですよね~!

今回はどんな世界観を見せてくれるのかが楽しみですね^^

白鳥玉季

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

白鳥 玉季(@shiratori_tamaki)がシェアした投稿

名前:白鳥 玉季(しらとり たまき)

生年月日:2010年1月20日

所属事務所:スマイルモンキー

スポンサーリンク

 

原作では娘は登場しない?

ドラマでは、龍と美久の間に「向日葵(ひまわり)」という娘が生まれた設定になっていますが・・・

実は、原作には龍と美久の子供は登場しないのです(´゚д゚`)

ドラマだけのオリジナルキャラクターというわけですね!

「家族みんなで笑いながらドラマを観てほしい」との制作サイドの想いから、娘役を登場させることが決まったとのこと☆

原作サイドとも相談された上での決定のようで、『極主夫道』の世界観を壊すことなく龍の魅力を届ける重要なキャラクターとなるそう!

 

原作とは違った楽しみ方ができそうですね^^

年齢設定が厳しすぎる!

ドラマオリジナルキャラクターの「向日葵」について、設定年齢は公表されていません

ただ公開されたビジュアルではランドセルを背負っているので、おそらく小学校の中・高学年ではないかと予想できますよね!

そうなると・・・9歳~12歳くらいの設定ではないかと思われます。

白鳥玉季さん自身は2020現在10歳なので、向日葵も10歳という可能性は高いかもしれませんね☆

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

白鳥 玉季(@shiratori_tamaki)がシェアした投稿

ただそうなると、美久との年齢差が疑問に・・・

母親である美久の年齢は、原作では26歳。

仮に向日葵が10歳だったとすると、16歳で向日葵を生んだという設定になりますよね(゚д゚)!

もちろん16歳で子供を生んでいる人はいるのでなんとも言えませんが・・・

美久はデザイナーとしてバリバリ働くキャリアウーマンという設定なので、しっかり大学もしくは専門学校を出ていると考えられますよね。

となると、10代で妊娠・出産を経験したというのは、さすがにちょっと無理がある気がしてしまいます(._.)

その辺のキャラクター設定がどのように描かれるのかも楽しみですね!

まとめ

ドラマ『極主夫道』の娘役についてご紹介しました!

龍と美久の娘役「向日葵」は、ドラマオリジナルキャラクターであることがわかりましたね(゚д゚)!

向日葵役は、人気子役の白鳥玉季さんが演じることも発表されました☆

原作にはない設定の娘役ということで、どんな設定になるのか楽しみです^^

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ