羽生善治が嵐にしやがれに!嫁や子供は?将棋での年収やプロフィールも!

将棋、駒

羽生善治さんが3月17日に放送の【嵐にしやがれ】に出演されます!

藤井聡太さんの影響で、今は将棋がすごく注目されていますよね。

羽生善治さんのプロフィールや年収家族のことなどをご紹介いたします^^

スポンサーリンク

 

羽生善治竜王のプロフィール

羽生善治さんは、言わずと知れた将棋界のトップスターです!

プロフィールを詳しくご紹介していきます☆

 

羽生善治(はぶよしはる)

生年月日:1970年9月27日(47歳)

出身地:埼玉県所沢市

段位:九段

在位中タイトル:竜王(棋聖)

 

羽生善治さんは1985年12月18日、15歳の若さで将棋界にプロ入りしました!

当時、史上3人目の中学生プロ棋士でした。

中学生でプロ入りした棋士は、わずか5人しかいません。

その中でも最年少でプロ入りしたのは、今や大人気の【藤井聡太六段】です。

中学生でプロ入りができるというのは、やっぱり天才だからこそ成し得ることなのですね!

1989年、竜王戦に初登場し、初タイトルを獲得します。その時なんと19歳!!

19歳2ヶ月でのタイトル獲得は当時最年少記録でした。

1996年、25歳の時に将棋界では初となる、【七冠】を達成します!

2017年には、史上初・前人未到の【永世七冠】を達成!すべてのタイトルで永世称号を獲得することに☆

2018年2月には、囲碁界の天才・井山裕太さんとともに国民栄誉賞を受賞されています!

将棋界では初の受賞とのことです!さすがですね♪

ちなみに羽生善治さんの趣味は【チェス】だということをご存知でしたか?

実はあまり知られていませんが、羽生善治さんはチェスも日本屈指の強豪・・・!

初めて出場したチェスの国内大会で優勝してしまうほどの腕前なのです!!

すごすぎますよね!やっぱり天才は何をやっても天才だ、ということがよくわかりますね☆

プロ棋士の年収は?

プロ棋士の年収は賞金の他に、講演料や指導料、将棋連盟から支給される基本料などがメインになります。

棋士にも基本給があるのですね!基本給は、ランクによって変わるそうです。

名人:100万円程度

B1級:約50万円

B2級:約30万円

C1級:約20万円

C2級:約15万円

引用元:平均年収.jp

 

羽生善治さんの2017年の年収は出ていませんが、2016年の年収は9150万円でした!

プロ棋士の一般的な年収は700万~800万円程で、最下位の人でも400万円程度だと言われています。

1000万円以上稼ぐことが出来る棋士は全体の約1割とのことなので、羽生善治さんのすごさがよくわかりますね☆

スポンサーリンク

 

羽生善治竜王の家族は?

羽生善治さんは1996年に、当時アイドルや女優として活躍していた【畠田理恵】さんと結婚されています。

2人の出会いは、1994年の雑誌の対談でした。

動物好きだった畠田理恵さんは、対談相手にムツゴロウさんを予定していたようなのですが、ムツゴロウさんが体調を崩されてしまい対談は白紙に・・・。

そこで急遽決まったのが羽生善治さんでした!

この出会いがキッカケで結婚されるなんて、すごい運命ですよね^^♪

畠田理恵さんは、結婚と同時に芸能界を引退。この頃から【羽生理恵】と名乗っています!

1997年7月に第1子となる長女(舞花さん)を出産、1999年11月には第2子となる次女(桃花さん)を出産されています☆

2人の娘さんは、【田園調布双葉中学校・高等学校】に通っていると言われていました。

あの有名な超名門の女子校です!偏差値は驚きの73・・・!!

長女の舞花さんは現在、国立の医大に進学しているとのことで、慶応の医学部に進学したのではないかと言われています!

やっぱり天才の血を引いているのですね!さすがです♪

まとめ

羽生善治さんについてご紹介しました!

中学生でプロ棋士になってから、30年以上将棋界の第一線で活躍し続けているのはすごいですよね☆

さぞかしお堅い方なのかしら、と思っていたのですが・・・どうやらそんなことはないようです!笑

羽生理恵さんのTwitterに羽生善治さんの日常が度々更新されているのですが、家族とテレビ番組を見て爆笑するなど、家では普通の父親・旦那さんなんだなあ~と微笑ましくなります^^

興味のある方は覗いてみてくださいね!

羽生理恵さんTwitterはこちら☆

ウサギやアヒルなど、動物の写真がいっぱい投稿されています!動物好きの羽生理恵さんらしいですよね^^

また、今は【3月のライオン】効果もあって将棋への注目が集まっています!

羽生善治さんは今後、将棋界でどんな素晴らしい記録を残すのでしょうか。

これからの活躍にも期待しましょう♪

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ