【巨人】片岡治大が2度も改名した理由は怪我?改名後の成績も調査!

 

読売ジャイアンツの内野守備走塁コーチの【片岡治大】さん!

2018年6月には、ベッキーさんとの熱愛が報じられ、真剣交際を公表して話題になりましたね。

そしてこの度、片岡治大コーチとベッキーさんが結婚したことを発表♡

とってもおめでたいニュースですね(*^^*)

ベッキーさんのお相手である片岡治大コーチ、実は2度も名前を改名していることが判明!

今回はそんな片岡治大コーチについて、改名の理由改名後の成績をご紹介いたします!

スポンサーリンク

 

片岡治大プロフィール

まずは片岡治大コーチプロフィールからご紹介します☆

片岡治大(かたおかやすゆき)

本名:片岡保幸(かたおかやすゆき)

生年月日:1983月2月17日(35歳)

出身地:千葉県千葉市花見川区

血液型:O型

身長 / 体重:176cm / 80kg

 

3兄弟の末っ子として生まれた片岡治大コーチ

中学時代は千葉北シニアリーグに所属し、3年生のときには主将として全国大会にも出場するも、ケガに苦しんだ時期が長かったそうです(>_<)

中学卒業後は2人の兄と同じ、栃木県の宇都宮学園高校(現:文星芸術大学附属高等学校)に進学。

3人共野球で活躍していたことから、『片岡3兄弟』として有名だったそうです!

”だんご3兄弟”みたいなネーミングですね^^;笑

高校卒業後は”東京ガス”に入社し、社会人野球チームの”東京ガス硬式野球部”に入部。

西武ライオンズ所属の内海哲也選手とは同期なんだとか(゜o゜;!

2004年、ドラフト会議で西武ライオンズからの指名を受けて入団

2007年から4年連続で『盗塁王』、2008年には『最多安打』のタイトルを獲得☆

2009年にはWBC日本代表に選出され、2連覇に大きく貢献しました!

2013年、FA宣言で読売ジャイアンツに移籍

2015年には『通算300盗塁』を達成しましたが、その後は不調が続き、2017年のシーズン限りでの現役引退を発表。

2018年からは読売ジャイアンツの二軍内野守備走塁コーチを務めています!

そして2019年2月13日、タレントのベッキーさんとの入籍を発表♡

末永く幸せな家庭を築いてほしいですね^^

スポンサーリンク

 

片岡治大は現役時代に2度の改名!理由は?

片岡治大コーチは、現役時代に『2度改名』しているんです!

野球選手にとって改名は珍しいことではないかもしれませんが、なぜ2度も変更したのでしょうか?

時期や登録名理由などをご紹介します☆

1度目の改名は2001年

1度目の改名はプロ野球のときではなく、東京ガスの社会人野球チーム”東京ガス硬式野球部”へ入部するときでした!

入部の際、名前を『片岡易之(かたおかやすゆき)』で登録。

中学時代から度々ケガに悩まされていた片岡治大コーチ

高校3年生のときに出場した夏の甲子園も、2回戦を腰痛で欠場しているんです。

ケガが多かったため、悪い気を断ち切る意味で登録名を変更したそうですよ!

2度目の改名は2012年

2度目の改名は、西武ライオンズに所属して8年目での出来事でした!

2012年12月30日に『片岡易之』から、現在の登録名である『片岡治大』に変更することを発表。

改名以降、『盗塁王』『最多安打』のタイトルを獲るなど、大活躍だった片岡治大コーチ

しかし2010年のシーズン後半から再びケガに悩まされ、2011年・2012年と2年連続で手術を受けるなど大不調

そのため、以前改名して成功したことから、2度目も験を担いで改名したということのようです!

そんな片岡治大コーチの改名は、2度とも『ケガ』が理由のようですね。

野球選手の中には験を担いで名前を変えるという選手は意外と多いので、実は特別珍しいことではないんですよね。

ちなみに・・・登録名を変えるだけなので、本名が変わるわけではありません(゜゜)

野球選手の芸名みたいな感じでしょうか。イチロー選手をイメージするとわかりやすいですね☆

野球選手の改名には、「心機一転、頑張ろう」という意味が込められているということが多いようですよ^^

 

改名後は成績も好調?

上記でお伝えした通り、片岡治大コーチは合計2度改名をしています!

学生時代からケガに悩まされていた片岡治大コーチ1度目の改名後タイトルを獲得するなど大躍進されています!

WBCの日本代表に選ばれて大活躍しましたし、改名後の成績は間違いなく伸びています

1度目の改名は確実に成功だったと言えると思います☆

しかし2度目の改名は、それ以降目立った活躍を見られませんでした・・・。

読売ジャイアンツに移籍一年目はチーム最多の盗塁を記録したり、開幕直後は3割の打率を記録していましたが、徐々に不振に陥りフェードアウト。

その後もほとんど見せ場なく、現役引退となってしまいました(;_;)

以上のことを踏まえると、2度目の改名以降の成績は、残念ながらお世辞にも成功とは言えないかも(-_-;)

しかし引退後も現役の最後に所属していた読売ジャイアンツでコーチとして活躍されているので、個人的には失敗だったとは思いません!

現役を引退しても野球界に携わる仕事を続けているので、これはこれで成功と言えるかもしれませんね^^

まとめ

片岡治大コーチ改名についてご紹介しました!

一般に考える『改名』とは、少し違った意味の改名で、実は野球選手にとって珍しいことではないんですよね。

登録名を変更することで、験を担いだり、気分を変える意味があったりするんです!

片岡治大コーチも、度重なるケガに打ち勝つために変更したということがわかりましたね☆

これからもコーチとして活躍を期待しましょう^^

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ