【コクリコ坂から】海がメルと呼ばれる理由は?名付けた人は原作と違う?

 

コクリコ坂から,松崎海

スタジオジブリの大ヒット作品『コクリコ坂から』

主人公の”松崎海”は、なぜか「メル」というあだ名で呼ばれているのですが・・・

なぜ「メル」というあだ名になったのでしょうか?

また、一体誰がつけたあだ名なのでしょうか?

名前の繋がりがないため、一度は疑問に思ったことがある人がほとんどかと!

しかし海とメル・・・一見繋がりがないように見えるあだ名ですが、実は意外な繋がりがあったのです(´゚д゚`)

そこで今回は『コクリコ坂から』からの松崎海が、どうしてメルと呼ばれているのかを調査してまとめました^^

スポンサーリンク

 

【コクリコ坂から】海がメルと呼ばれる理由は?

2011年に公開された、スタジオジブリ映画『コクリコ坂から』

その主人公・松崎海(まつざきうみ)は、劇中では「メル」というあだ名で呼ばれていますよね!

しかしここで1つの疑問が。

松崎海とメルは何の繋がりもないように思うのですが、なぜメルと呼ばれるようになったのでしょうか?

実は作品の中では、なぜメルというあだ名になったのかは説明されていないのです。

ただ原作となった漫画の中では説明されていて・・・

フランス語で海を意味する言葉「la mer(ラ・メール)」が由来になっているとのこと☆

この「mer(メール)」の部分が詰まって、「メル」と呼ばれるようになったそうです!

ちゃんとした理由があったことがわかりましたね^^

スポンサーリンク

 

【コクリコ坂から】海をメルと名付けた人は原作と違う?

松崎海のあだ名「メル」は、フランス語で海を意味する『la mer(ラ・メール)』から付けられたことがわかりました!

原作ではこの「メル」というあだ名を付けたのは、コクリコ荘に下宿する海の憧れの人”北見北斗”という男性が付けたという展開になっています☆

ただジブリ映画の『コクリコ坂から』には、北見北斗という男性は登場しないですよね!

映画版では北斗の性別が変わり・・・「北斗美樹」という女性キャラクターに変更されているのです(´゚д゚`)

なぜ性別が変更されたのかも明らかにされていませんが・・・

原作の中では、海は北見北斗を慕っている設定。

ジブリの作品は子供も観るため、「好きな男性が2人いる」という設定を避けたかったのではないかと考えられますよね!

どうしても恋愛映画感が強くなってしまいますし、ジブリが伝えたいことをシンプルにしたかったかもしれないですね^^

まとめ

『コクリコ坂から』の松崎海のあだ名についてご紹介しました!

メルと呼ばれるのは、フランス語が由来になっていることがわかりました☆

ただ原作と映画では、あだ名を付けた人物が変わっているようです。

違いがあるので、どちらもチェックしてみるとおもしろいかもしれないですね^^

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ