【フィギュア】山下真瑚の目は斜視なの?フィギュア選手に多いのは理由がある?

 

2018年にシニアデビューした、フィギュアスケートの『山下真瑚選手』

デビューしたばかりとは思えないほどの大活躍を見せてくれていますね☆

16歳らしい、可愛らしい笑顔が印象的な山下真瑚選手♡

しかし、目が斜視のように感じますね。

またフィギュアスケートの選手には、斜視の選手が多い気がするのですが・・・理由はあるのでしょうか?

今回は山下真瑚選手の目についてや、フィギュアスケート選手に斜視が多い理由などを調査しました!

スポンサーリンク

 

【画像検証】山下真瑚の目は斜視?

2018-19シーズンでシニアデビューを果たし、日本スケート連盟のフィギュアスケート特別強化選手にも選ばれている山下真瑚選手

まだ16歳の山下真瑚選手は、笑顔がとっても可愛い女性ですよね☆

しかし山下真瑚選手のお顔をアップで見てみると、目がより目になっているように感じます

写真で見ると、かなり良くわかりますよね!

片目だけがより目になっていたり、はたまた両目がより目になっていたり・・・。

写真によって違いがありますが、焦点が合っていないような、やや”より目”気味な印象を受けます。

このような、正面を見ているのに焦点が合っていないような状態を『斜視』と言います!

実は日本では2~3%の人が発症しているという、珍しくない病気なんですよね!

斜視には「内斜視」「外斜視」が存在します。

名前の通り内斜視はより目がちに、外斜視は外側に向いてしまう症状ですね。

写真を見る限り、山下真瑚選手は「内斜視」だと思われますね

ちなみに・・・斜視は治療が可能で、手術をすればほぼ完治することができる病気ですよ!

スポンサーリンク

 

フィギュアスケート選手には斜視が多い?

実はフィギュアスケート選手には、斜視が多いと言われています!

山下真瑚選手の他にも・・・

2014年にソチオリンピックで日本代表だった『木原龍一選手』も斜視だと言われています。

木原龍一選手はハッキリとわかりますね。

右目がより目になっています。

山下真瑚選手と同様に、「内斜視」だと思われますね。

 

また、2017年に現役引退を発表された『浅田真央』さんも斜視ではないかと言われています!

たしかに、こちらの写真で見ると右目がややより目になっている印象ですね。

軽い斜視ということになるかもしれません。

山下真瑚選手や木原龍一選手と同じく、「内斜視」である可能性が高いですね。

フィギュアスケート選手に斜視が多い理由は?

日本代表として活躍されるような、トップスケーターに斜視が多いフィギュアスケート。

どうしても、競技との関係を疑ってしまいますよね。

一般的には斜視とスポーツの関連について、ハッキリとしたことはわかっていません!

あるともないとも言えないということですね。

フィギュアスケートに限らず、どんなスポーツでも同じことが言えるようです。

ただ、頭部に強い衝撃が加わると、斜視になるリスクがあると指摘されています。

フィギュアスケートは頭に衝撃があるスポーツではないので・・・競技の影響が出ているかどうかは微妙なところですね(._.)

フィギュアスケートで斜視は不利になる?

斜視であることで、フィギュアスケートの競技に影響はあるのでしょうか?

人間は両目で物を見ることで、初めて距離感や立体感を感じることができます。

しかし斜視の人はほぼ片目で見ている状態のため、普通の人よりは距離感や立体感を捉える力がありません。

そのため、物を使うスポーツでは少なからず影響が出る場合が多いようです!

サッカーや野球、テニスやバレーなどなど・・・多くのスポーツには影響があると考えた方がいいかもしれませんね。

ただフィギュアスケートは物を使うスポーツではないので、他のスポーツに比べて斜視の影響を受けないのではないかなと思われます!

なのでもしかしたら積極的に治療する人が少なく、「フィギュアスケートには斜視が多い」と思われるのかもしれませんね(>_<)

まとめ

山下真瑚選手の目についてご紹介しました!

写真を見る限り、山下真瑚選手は「内斜視」である可能性が高いと思われます。

ただフィギュアスケートにはさほど影響が出ないのではないかと予想されるので、現段階では治療をしていないのかもしれませんね!

今後もし必要になれば、積極的に治療されるかもしれませんね^^

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ