2020-2021の冬は寒い?大雪の可能性は?スタッドレスの準備時期も!

 

雪景色

もうすぐ12月とは思えないほどの暖かい日が続いている2020年。

11月下旬にも関わらず、9月中旬ほどの気温の日もありましたね(゜o゜;

暖冬の年は大雪が降る、といった予想もあるようですが・・・

2020年から2021年にかけての冬は、寒くなるのでしょうか?

それとも暖冬なのでしょうか?

スタッドレスタイヤの準備をするためにも、降雪予想も気になります!

そこで今回は2020年から2021年の冬について、気温や降雪予想を調査しました^^

スポンサーリンク

 

2020-2021の冬は寒い?

10月11月と、比較的暖かい日が多い2020年。

9月中旬並みの気温の日もあり、全国的に例年よりも暖かい秋と初冬でしたよね!

ただ残念ながら、暖かさは11月までで終わってしまうようです(._.)

気象庁によると、2020年8月から発生している「ラニーニャ現象」が冬にかけて続く可能性が高いと予想されているんですよね。

ラニーニャ現象とは、異常な天候が発生する要因とされている現象のこと。

日本だけでなく、世界中で異常気象を発生させる厄介なやつなのです(-_-;)

ラニーニャ現象の影響で、日本付近に寒気が流れ込みやすくなるのだとか・・・。

そのため、2020年から2021年にかけての冬は『寒くなる傾向にある』と予想されているのです!

ただ北日本に関しては、北からの寒気自体が弱いとのことで、平年並みか平年より高いと予想されているとのこと。

例年より寒くなるという予想は、西日本や東日本の地域ということになりそうですね!

スポンサーリンク

 

大雪の可能性は?スタッドレスの準備時期も!

寒くなる予想が出ている地域では、降雪予想もどうなるのかが気になりますよね!

関東などでもあまり雪が降らない地域は、少しでも降ると日常生活にかなり影響が出ますからね。

実は過去にラニーニャ現象が発生した年は、広い範囲で大雪となっているのです(´゚д゚`)

2017年にラニーニャ現象が発生した際にも、日本の広い範囲で大雪となりましたからね。。。

ただ2020年から2021年にかけては、大雪になる地域は少なそうです!

ちなみに・・・

  • 北海道や東北地方の太平洋側
  • 北陸地方や近畿地方
  • 中国地方の日本海側

といった地域では、例年より雪が多いと予想されているようです!

逆にそれ以外の地域では、例年より少ないと予想されているのだとか。

ただ例年より寒い地域も多いので、雨が降れば雪に変わる可能性は高いかもしれません(゜o゜;

12月に入ると急激に寒くなる可能性があるので、11月中には準備を開始した方が良さそうですよ!

雪が降ってから慌てるのではなく、早めにスタッドレスタイヤや厚手のコートの準備をしておくのがオススメですね^^

まとめ

2020年から2021年にかけての冬の寒さについてご紹介しました!

北日本以外は、例年より寒くなる傾向にあるということがわかりました。

ただ雪に関しては、例年より多くなる地域は限られているようですね!

万が一に備えて、早めに準備をしておくのがオススメですよ^^

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ