【下町ロケット】イモトの涙はアドリブだった!引き込まれると話題に

引用元:お笑いナタリー

10月14日に放送がスタートした【下町ロケット】

2015年に放送された大人気ドラマの続編ということで、放送前から話題になっていましたね☆

今回の『下町ロケット』新キャストとして加わった、タレントの”イモトアヤコ”さん。

第1話から、イモトアヤコさんの「演技に引き込まれる」と大きな反響がよせられています!

今回は、『下町ロケット』でのイモトアヤコさんの演技についてご紹介いたします^^

スポンサーリンク

 

イモトアヤコが『下町ロケット』に出演!どんな役柄?

イモトアヤコさんが、新日曜ドラマ『下町ロケット』に出演されています!

2015年に同タイトルで放送された『下町ロケット』

全話の平均視聴率18.6%を記録した、大人気ドラマの続編として3年ぶりに復活しました☆

続編から、イモトアヤコさんが新キャストとして加わっています。

イモトアヤコさんが演じるのは、ベンチャー企業”ギアゴースト”の副社長で技術者・島津裕(しまづゆう)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

イモトアヤコ 公式さん(@imotodesse)がシェアした投稿

帝国重工の元社員で、帝国重工時代の同僚である伊丹とともにギアゴーストを創立。

天才エンジニアと呼ばれていた優秀な技術者・・・といった役柄です!

副社長で優秀な技術者って・・・かなり重要な役ですよね(@_@)!?

佃製作所のメンバーとも深く関わるようになるということなので、これからの展開も楽しみですね^^

イモトの涙の演技はアドリブだった!

10月14日に第1話が放送された『下町ロケット』

初回の放送を終えて、ネットには「期待を裏切らない」といった好印象の評価が多く寄せられていましたね!

そんな中、物語の終盤で見せた”イモトアヤコさんの泣きの演技”に注目が集まっています☆

第1話から出演されたイモトアヤコさん。

1話では、ライバル企業”大森バルブ”とのコンペに参加した佃製作所が、コンペに勝利するまでが描かれました。

イモトアヤコさんが注目されたのは、その大森バルブとのコンペのシーン!

あくまでスペックを重視する大森バルブに対し、農地で使うトラクターにとって必要な強度を重視したサンプルを作り上げてきた佃製作所。

大森バルブも、ギアゴースト社長の伊丹も気づかないそのサンプルの凄さに感動した島津は涙を流す、といったシーンでした。

そんな素晴らしい演技を見せてくれたイモトアヤコさんですが、実は涙のシーンはアドリブだったとのこと!

技術者として強いこだわりや思いを持って仕事をしているんだな、ということがわかりましたし、純粋にその技術に感動したという気持ちがものすごく伝わってきたシーンでしたよね!

思わずもらい泣きしてしまいました(;_;)

心なしか、イモトアヤコさんので竹内涼真さんや朝倉あきさんもウルッとしていたような気が・・・。

アドリブが採用されるなんて・・・女優としてかなり成長していますね^^

スポンサーリンク

 

イモトアヤコの演技力、ネットの声は?

放送前から話題の大きかったドラマだけあり、ネットにも多くの感想が寄せられていました!

イモトアヤコさんの演技にも、さまざまな声が上がっています↓

https://twitter.com/ManjiPapa/status/1051670535992532992

いろいろな意見がありますね~!

初回からいろんな意味で印象に残る演技を見せてくれたイモトアヤコさん。

今後の期待ですね^^

まとめ

『下町ロケット』でのイモトアヤコさんの演技についてご紹介しました!

イモトアヤコさんは、今回の続編から新キャストとして参加されています。

涙の演技には本当に驚かされました!

珍獣ハンターだけでなく、女優としてもめきめきと成長しているイモトアヤコさん☆

これからの展開や演技にも注目ですね^^

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ