湊伸治は外国人と結婚して娘もいた?ムエタイで活躍?出所後の経歴を調査!

 

1989年に起きた『女子高生コンクリート詰め事件』

とても衝撃的で、世間に大きなショックを与えた事件でしたね。

多くの人の記憶に残っている、痛ましく悲惨な事件だったと思います。

その犯人の1人である”湊伸治被告”が、2018年に新たな傷害事件を起こしていたことが明らかになりました。

今回は湊伸治被告について、外国人との結婚や子供のウワサ出所後の経歴などを調査してまとめました!

スポンサーリンク

 

湊伸治の生い立ちは?

本名:湊伸治(みなとしんじ)

生年月日:1972年12月16日(45歳)

現住所:埼玉県川口市東内野

 

両親と兄の4人家族だった湊伸治被告

父親の職業は、診療所を経営者で薬剤師。

母親は、父親が経営する診療所で看護師として働いていたそうです。

さらに、両親ともに”共産党員”であったことがわかっています。

両親からはあまり良い教育をされていなかったようで、湊伸治被告は幼い頃から父親に暴力を受けて育ったようです。

兄と一緒に怯えて過ごす幼少期だったのだとか・・・。

夜中でも叩き起こされて暴力を振るわれることもあったそうです。

一週間に一度は殴られていたり、逃げても追いかけてきて殴られたりと、かなりひどかったようですね。

中学は、”足立区の学習院”とも呼ばれる名門校『足立区立東綾瀬中学校』へ進学。

父親の期待に応えるためだったのかもしれませんね。

その後は都内で唯一の工業高校へ進学しましたが、1年の2学期にはすでに退学。

校内で暴力事件を起こしたことがキッカケで退学したとも言われているようです。

そんな中で、後に『女子高生コンクリ事件』の共犯となる宮野裕史と小倉譲と仲良くなっていったのだとか。

『女子高生コンクリ事件』の後、湊伸治被告らに反省の色はなく、数々の窃盗事件や女性への暴行事件を起こして逮捕。

事件が発覚した際には、すでに少年院に入っていたそうです。

出所後はムエタイ選手に?出所後の経歴を調査!

湊伸治被告『女子高生コンクリ事件』で、「自宅に監禁し強度の暴行を加えた」として、5~9年の不定期刑の判決が出ました。

不定期刑なのでいつ出所したのかは定かではありませんが、出所後は『ムエタイ選手』として活動していたようです。

もともと格闘技マニアだったという湊伸治被告は、出所した後に”ウィラサクレック”というムエタイのジムに通っていました。

しかし地元でのデビューだったため、顔や名前が知れ渡っており、試合のたびに「コンクリ」と呼ばれてブーイングが起こっていたそうです。

そのため長くは続かず、2試合ほど出場しただけで大した成績も残せないまま引退。

その頃の湊伸治被告は、本業で運送業をしていたと知人が証言しています。

ムエタイでは稼げていなかったのですね。

なんと、2007年頃には”株式会社トーカイ”という会社で「福祉関係」の仕事をしていたこともあるそうです!

疑うようですが、本当に問題なく働けていたのでしょうか・・・かなり疑問です(-_-;)

そして湊伸治被告は出所後、

千葉県市川市 → 京都府伏見区 → 大阪 → 会津

と、住所を変え転々としていたこともわかっています。

スポンサーリンク

 

出所後に外国人と結婚?子供もいた?

2010年頃、湊伸治被告が「外国人女性と結婚して関西に住んでいる」という情報が流れました。

さらに、なんとその女性との間に娘が1人いるそうです。

しかしその以上の妻や娘に関する情報はなく、女性についても「ルーマニア人」「リヒテンシュタイン人」とハッキリしないので、真相は定かではありませんね

外国人であれば事件のことを知らない可能性が高いので、結婚もありえるかもしれませんが・・・。

その後、湊伸治被告は35歳から10年ほど南蒲田のアパートに住んでいました。

入居中はトラブルが絶えず、管理会社が防犯カメラを取り付けた直後、湊伸治被告は引っ越しをしたそうです。

トラブルを起こしていたという認識があったということですかね。

2018年6月頃からは、埼玉県川口市にあるアパートの2階で、同年代の女性と一緒に生活していたことがわかっています。

この女性とは結婚の予定もあり、不動産の契約の際にも同席していたそうです。

逮捕時、湊伸治被告”無職”だったので、この女性に生活費をお世話をしてもらっていたのかもしれませんね。

2018年8月には再犯で逮捕されていた!

『女子高生コンクリート詰め事件』から今年で20年。

住所を変えながらも、結婚したりと普通に生活していた湊伸治被告

しかし2018年8月、再び事件を起こして逮捕されました。

車に乗っていた男性の顔を数回殴り、警棒で右肩を殴った上、男性の首の後ろをナイフで刺したそう。

かなり怖い事件ですよね・・・。

殺意は否定していたものの、犯した行為については認めていたという湊伸治被告ですが、裁判の度に主張が二転三転。

ついには「自分は刺していない」と、行為自体も否定し始めているそうです!

なんとも卑劣な犯人ですよね・・・。

しっかりと受け止めて反省してもらわなければ困りますね。

まとめ

湊伸治被告についてまとめました!

痛ましい悲惨な事件『女子高生コンクリート詰め事件』の犯人である湊伸治被告

また今回、新たな事件を起こしてしまいました。

普段からナイフや警棒を持っているなんて、普通の人間では考えられないことですよね。

今回の事件に関して否認をしているようですが、しっかりと罪を償ってほしいと思います。(難しいかもしれませんが・・・)

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ