くも膜下出血から復活した芸能人まとめ!回復に差が出る原因は発症場所?

 

ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川さんが、「くも膜下出血」で入院していることがわかりました。

容態を心配されていていましたが、ついにジャニーズ事務所から公式の発表がありましたね。

賢明に治療中とのことなので、回復に向かうことを願うばかりです。

年齢や性別に関係なく、若くても発症する恐れのある「くも膜下出血」

ジャニー喜多川さん意外にも、芸能人で発症した人は意外と多いのです。

今回はそんな「くも膜下出血」の発症から、見事に復活した芸能人をまとめました!

スポンサーリンク

 

くも膜下出血とは?

「くも膜下出血」とは、脳内にできた動脈瘤(どうみゃくりゅう)が破裂して出血してしまう病気です。

動脈瘤は「血液のこぶ」のこと。

簡単に言うと・・・脳の血管である動脈が風船のように膨らんで、その風船が破裂してしまうことが「くも膜下出血」です!

発症した人の約半数が生死にかかわるという、とても恐ろしい病気。

前兆がほとんどなく、緊急搬送されるころには症状が進行している人が多いそうです(>_<)

軽い頭痛だからと放置せず、少しでも違和感を感じたらすぐに診察してもらったほうが良いですね!

回復に差が出ることも?

「くも膜下出血」約半数の人が生死にかかわるとのことですが、働き盛りに多い病気とのこと。

そして社会復帰できるのはおよそ1/3ほどなのだそう。

ものすごく恐ろしい病気ですよね・・・。

また障害や後遺症が出ない人がいれば、重大な障害「高次脳機能障害」を患う人もいたりと、回復に差が出ることも。

これには、出血した場所や動脈瘤の大きさで差が出てしまうことがあるようです!

もちろんそれだけではなく、自身の回復力によっても差が出てしまうのでしょうが・・・。

発症しないように、普段の生活から健康を心がけたり、検査をしっかりと受ける必要がありますね!

スポンサーリンク

 

くも膜下出血から復活した芸能人は?

あまり知られていませんが、「くも膜下出血」を経験した芸能人は意外と多くいらっしゃいます。

今回は、見事に復帰された芸能人についてご紹介いたします!

❏ 星グランマニエ(氣志團)

氣志團のギタリストを務める『星グランマニエ』さん!

星グランマニエさんは急に発症した病気的なものではなく・・・

酔っ払った勢いで建物の2階から落下し、後頭部を強く打ったという「外的要因」のものなのだとか。

2004年11月頃の出来事だったようです。

1ヶ月ほどで治ったそうですよ!

❏ KEIKO(globe)

小室哲哉さんの奥様で、globeメンバーの『KEIKO』さん!

KEIKOさんは2011年10月に「くも膜下出血」と診断されました。

早期発見だったため脳に障害は残らないとされていましたが、2018年に小室哲哉さんがKEIKOさんが「高次脳機能障害」患っていることを告白。

「女性というより少女になってしまった」との告白に、世間には大きな衝撃が走りましたね。

しかし2019年にはKEIKOさんがTwitterを再開。

順調に回復している様子が伺え、完全復活も近いとされています^^

❏ 星野源

俳優のみならず、歌手や作家などマルチに活躍されている『星野源』さん!

星野源さんは2012年12月と、2013年6月の2度にわたり「くも膜下出血」を発症しています。

発症した当時、星野源さんは31歳。ずいぶん若いですよね・・・。

最初は軽い頭痛から始まり、立っていられないほどの激しい頭痛に襲われて病院を受診。

「くも膜下出血」との診断を受けて、その日のうちに緊急手術が行われました。

幸い早期に手術することができたため、2ヶ月後には活動を再開するほど回復。

しかし半年後の定期検診で再発が確認され、2度目の手術を受けました。

その後は再発もなく、現在もマルチに活動されています^^

❏ 佳那晃子

女優として活躍されている『佳那晃子』さん!

佳那晃子さんは2013年1月に、自宅で倒れて意識不明状態となって病院に緊急搬送され、「くも膜下出血」と診断されました。

搬送当時、脳死寸前という最も重い症状である”レベル5”状態だったという佳那晃子さん。

しかし必死の治療の結果、同年8月には手足を動かしたり、瞬きで反応することができまでに回復。

完全な回復とはいかないものの、1度は植物状態レベルまで診断されたところからの回復は驚異的ですよね!

❏ 上野博文(T-BOLAN)

T-BOLANのメンバーで歌手として活躍されている『上野博文』さん!

上野博文さんは2015年3月に、自宅で倒れて意識不明のまま病院に搬送。

なんと、発見されたのは5日後だったそうです(゜o゜;

発見まで時間がかかったため、かなり危険な状態だったという上野博文さん。

しかし、バンドメンバーや家族の懸命な看病で奇跡的に回復!

会話や体を動かすことがままならないほどの状態から、ライブに復帰するまでに回復されました☆

❏ 米良美一

歌手やカウンター・テナー歌手として活動されている『米良美一』さん!

米良美一さんは2014年12月に、意識不明の状態で発見されて緊急搬送。

手術を受けて回復されますが、翌月の2015年1月に水頭症を発症して再手術をされています。

その後は懸命なリハビリで、2015年9月には活動を再開して復帰しています☆

❏ いっこく堂

腹話術師として活躍している『いっこく堂』さん!

いっこく堂さんは2016年3月に、自宅で倒れて緊急搬送され「外傷性くも膜下出血」と診断されました。

普段飲まないお酒を飲んだことが原因と思われていますが、倒れた際に頭を強く打ったため「くも膜下出血」となったようですね。

星グランマニエさん同様、1ヶ月ほどで完全回復されたようです!

❏ 小野寺昭

俳優として活動されている『小野寺昭』さん!

小野寺昭さんは2018年8月、登山中に山荘内で転倒して緊急搬送され、「外傷性くも膜下出血」と診断されました。

意識もあり軽症だったため、1週間ほどで退院されて仕事に復帰!

その後も元気に活動されているようです^^

❏ SHEILA

タレントとして活動されている『SHEILA』さん!

SHEILAさんは2019年6月、会食中に体調が悪くなり緊急搬送され「くも膜下出血」と診断されました。

手術後の経過は良いとのことで、コミュニケーションもとれる状態だそうです!

リハビリが始まっていると思いますが、またテレビで元気な姿が見れる日も近いかもしれませんね^^

まとめ

くも膜下出血を経験された芸能人についてご紹介しました!

大変危険な病気ですが、絶望的な状況から奇跡的に回復し、現在は元気に活動されている方もいらっしゃいます。

年齢や性別に関係なく発症する可能性のある病気なので、若い人も気をつけなければいけませんね!

また今回、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川さんが「くも膜下出血」と診断されていることが、事務所から明らかにされました。

詳しい容態などはわかっていませんが、回復されることを願うばかりですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ