タピオカランドは文化祭レベル!?評判がヤバイ!運営会社は炎上の常習だった!

 

原宿に期間限定でオープンした『タピオカランド』

テレビでも取り上げられ、大きな話題になっていますね☆

しかし実際に行った人からは、「文化祭レベルでヤバイ」という多数の口コミが・・・。

空前のタピオカブームの中、満を持してオープンしたはずのタピオカランドに一体何があったのでしょうか。

今回はタピオカランドの問題となる部分や、評判や口コミを調査しました!

また、タピオカランドを運営している会社についてもご紹介いたします☆

スポンサーリンク

 

タピオカランドは文化祭レベル!!

原宿駅前の商業施設”ジング(jing)”に、2019年8月13日から9月16日までの期間限定でオープンした『東京タピオカランド』

タピオカだけにフォーカスした新感覚テーマパークとして、満を持してオープンしたタピオカランドでしたが、「文化祭レベルでヤバイ!」と話題に・・・。

たしかに、なんだかショボい感じが否めません(._.)

壁や天井もコンクリートが打ちっぱなしで露出した店内の内装もお粗末な感じ・・・。

タピオカランドの公式サイトのイメージ画像とはだいぶ違いがあって、手抜き感が強い気がしますね(゚д゚)笑

これで入場料1,200円(前売りは1,000円)は高すぎる!!

高校生の文化祭レベルと言われるのも、納得しちゃうクオリティです(>_<)

しかも「タピオカランド」と謳っているにも関わらず、タピオカのお店は4店舗しかないのだとか。

タピオカドリンクはもちろん、入場料とは別料金です(-_-;)

またタピオカランドは飲料を扱うテーマパークなのに、なんとランド内に「トイレが無い」そうです!

「外のトイレに行けばいいのでは?」と思われたあなた!残念ながら、タピオカランドは再入場禁止。笑

し・か・も!!

ランド内で購入したタピオカドリンクは、まさかの持ち帰り禁止なんだとか( ゚д゚)ハッ!

トイレも無くて再入場も禁止、極めつけはドリンクの持ち帰り禁止なんて・・・地獄すぎる。

残念ながら、純粋にタピオカを楽しむために行くテーマパークではなさそうですね(;_;)

タピオカランドの運営会社は炎上の常習だった!?

『東京タピオカランド』には、2つの会社が運営に関わっています!

1つは『株式会社アートフルデイズ』という会社。

こちらは音源制作などの音楽事業を中心に、グッズ販売やWEB事業、イベント事業などを行っている会社です☆

そしてもう1つが、『STARTS株式会社』という会社です!

「イベントを通して人に喜びを伝えたり、また人生のきっかけや、出会いを生むことを目指し、日々挑戦をしています。」という経営理念の元、活動されている会社で、イベントの企画・提案・支援などを行う会社のようですね。

しかしこのSTARTS株式会社、実は過去に手掛けたイベントで炎上する事態を引き起こしているのです!

勘のいい人は気付いたかもしれませんが・・・あの『東京アイスクリームランド』を手掛けたのと同じ会社なんです(゜o゜;

そのとき使ったものが使いまわしされているかのような内装に、ネットでも話題になりました。

アイスクリームランドがこちら↓

タピオカランドがこちら↓

似すぎというか、同じものを使い回している感じですね(*_*)

内装だけでなく、名前までほぼ同じですし。笑

タピオカランドを開催するにあたり、クラウドファンディングで資金を集めていたそうですが、結局支援金0で終了しています。

お金がなかったため、「前の使えばいっか♪」とでもなったのかもしれませんね。笑

スポンサーリンク

 

タピオカランドの評判や口コミがヤバイ!

タピオカランドの口コミはかなり悪いようで・・・

さまざまな酷評が溢れています。笑

実際に行った人の中には、もちろん楽しまれた人もいらっしゃいます!

しかし、やはり「ヒドイ」という感想を持つ人の方が多いようですね。

あのクオリティだと、内装や料金などをトータル的に見て「ヒドイ」と感じてしまうのも頷けますよね。

まとめ

タピオカランドについてご紹介しました!

タピオカ人気に便乗したタピオカランド。

しかし、結果はイマイチのようですね(._.)

期間限定とはいえ、もう少ししっかりと作らないと、人気を得ることはできなそうです。

個人的にはまず、トイレを設置してほしいです!笑

営業終了まで約1ヶ月、どれだけ繁盛するか注目ですね^^

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ