【岡崎体育】プロフィールまとめ!本名や由来は?母親も芸能人?

引用元:DESiC

YouTubeから人気に火がついたアーティスト、【岡崎体育】さん!

独特の世界観が話題になり一躍有名になりましたね☆

今回はそんな岡崎体育さんについて、プロフィールや家族についてご紹介いたします^^

スポンサーリンク

 

岡崎体育プロフィール

シンガーソングライターとして活躍されている岡崎体育さん!

まずはプロフィールからご紹介していきます☆

本名 岡 亮聡(おか あきとし)
生年月日 1989年7月3日(29歳)
出身地 京都府宇治市
血液型 A型
レーベル SME Records

京都にある南陽高等学校を卒業し、同志社大学に進学した岡崎体育さん!

得意科目は”歴史””英語”なんだとか。英語が得意な人って羨ましいです(._.)

そして高学歴なんですね(@_@)

大学時代にはバンドを組んでいた岡崎体育さんですが、デビューまでは至らず・・・。

大学卒業後は一般企業に就職したのですが音楽への夢を諦めきれず、退職してライブやフェスなどの音楽活動に専念!

2014年、出演していたライブのパフォーマンスが音楽関係者の目に止まり、大手”ソニーミュージック”と育成契約することに。

レコード会社との契約は結んでいますが、芸能事務所との契約はしていないんですよね。

なので岡崎体育さんは、無所属のシンガーソングライターということになります!

そんな岡崎体育さん、2016年5月にアルバム『BASIN TECHNO』をリリースしてメジャーデビュー☆

現在は歌手としての活動だけでなく、教育番組やドラマに出演するなど幅広く活躍されています^^

芸名の由来は?

岡崎体育さんの本名『岡 亮聡(おか あきとし)』さんといいます!

”岡”しか本名入ってない・・・笑

ではなぜ”岡崎体育”という芸名にしたのかと言うと、『電気グルーヴの石野卓球』さんが関係しているそうです!

電気グルーヴの石野卓球さんを尊敬している岡崎体育さんは、

「石野卓球さんを超えたい!」

と思っていたそうです。その結果、

”卓球”を超えるものは”体育”しかない!!

という考えに至ったそうです。笑

ちなみに”岡崎”に関しては、母親がMC業の際に使用していた芸名を使ったのだとか!

”岡体育”だと語呂が悪いから、といった理由もあるそうです。

たしかに、岡体育よりは岡崎体育の方が言いやすいですよね♪

スポンサーリンク

 

岡崎体育の家族構成は?

母子家庭で育った岡崎体育さん。

祖父母と同居しているということなので、母方の祖父母と暮らしているということだと思われます!

岡崎体育さんのTwitterにも、祖父母は度々登場していますね☆

また岡崎体育さんは一人っ子だそうです。

なので親からは「堅い仕事について欲しい」と言われていたそうです。

高校も大学も優秀な学校に進学しているのは、親の期待に応えたいといった思いがあったのかもしれませんね☆

1度は一般企業に就職したものの、音楽を諦められずに脱サラした岡崎体育さんに対し、

「4年やってメジャーデビューできなければ諦めろ」

と母親に言われていたのだとか!

見事にその条件をクリアするところが、さすが岡崎体育さんですよね(@_@)

母親も芸能人?

岡崎体育さんは以前、母親の職業について『MC業』とインタビューで語っているんです!

MC業ということは、アナウンサーとかでしょうか?

芸名を使うくらいのお仕事ですから、十分可能性はありますよね!

もしかしたら、地方テレビ局のアナウンサーだったのかもしれません♪

ただ詳しい情報について岡崎体育さんは公言されていませんので、時期や期間についても残念ながら不明です。

また、正しくは『MC業をしていた』とのことなので、今は違う仕事をしているのかもしれません。

ちなみに母親は、前に岡崎体育さんのラジオにゲストとして出演されたこともあるんです!

そのときに公開された写真がこちら↓

引用元:TBSラジオ公式ホームページ

めっちゃ美人!!本当に失礼で申し訳ないですが・・・正直岡崎体育さんと全然似ていない(*_*)

これはアナウンサー説もあながち間違いじゃないかもしれませんね♪

母親はとてもユニークな人のようで、岡崎体育さんはよくエピソードを語っています!

もしかしたらこの先、母親の職業についてもさらに語られることがあるかもしれませんね☆

まとめ

岡崎体育さんについてご紹介しました!

YouTubeをキッカケに爆発的人気を得た岡崎体育さん☆

現在はシンガーソングライターとしてだけでなく、ドラマなどにも出演するなど幅広く活躍されています!

岡崎体育さんのこれからの活躍も楽しみですね^^

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ