本田真凜の実家がお金持ちなのは祖父のおかげ?年商がスゴイ敏腕経営者!

 

女子フィギュアスケート、『本田真凜選手』

子役の本田望結さんが妹というのは有名ですが、実は本田真凜選手は5人兄弟なんです(´゚д゚`)

しかも、5人中4人がフィギュアスケートをされているとのこと!

フィギュアスケートはかなりお金のかかるスポーツですが、ご両親はどんなお仕事をされているのか・・・

調べてみると、本田家がお金持ちなのは”祖父”に関係があることがわかりました!

今回は本田真凜さんの実家がお金持ちの理由や、祖父についてご紹介いたします^^

スポンサーリンク

 

本田家はフィギュアスケート4兄弟!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

本田真凜 Marin Hondaさん(@marin_honda)がシェアした投稿

先程もご紹介した通り、本田真凜選手は5人兄弟です。

兄弟についてはこちら↓

・長女:真帆(1995年生まれ)

・長男:太一(1998年8月2日)

・次女:真凛(2001年8月21日)

・三女:望結(2004年6月1日)

・四女:紗来(2007年4月4日)

このうち、長女以外の4兄弟(太一・真凛・望結・紗来)がフィギュアスケートをされています!

フィギュアスケートはかなりお金がかかるスポーツとして有名ですが、本格的にやるとなると年間300万円以上かかると言われています。

1人300万円ということは、4人で1,200万円・・・( ゚д゚)ハッ!

1人子育てするのにも大変なのに、5人の子育て+4人のフィギュアスケート代となるとかなりの負担ですよね。

一体どれだけのお金持ちなんだ(._.)

そこで気になる、本田真凜選手のご両親のお仕事を調査しました!

スポンサーリンク

 

本田真凜の両親の職業は?

本田真凜選手のお父様のご職業は、サラリーマンとのこと。

意外と普通のご職業だ・・・と思ったらそうではなく!

祖父(お父様の父)が経営している会社で、『役員』を務めていることがわかりました☆

どうやら、会社からの「役員報酬」「株の配当」が、本田真凜選手のお父様の収入源となっているようですね。

「真凛の父は、祖父からみて長男になりますが、子供たちのスケート生活をサポートするため、家業を継ぐわけにいかない。そのため、現在、会社を継いでいるのは次男が中心で、真凛の父は役員と株主での収入がほとんどと聴いています。」

引用元:デイリー新潮

本田真凜選手のお父様は子供たちのスケートをサポートするため、朝6時から日付の変わる頃までしていたということなので、家業を継いだらサポートができなくなってしまうと考えたのかもしれませんね!

経営者ともなると、普通に会社に勤めるのとは違いますからね。

実質、弟である次男が経営をされているということだと思われます!

ちなみに・・・本田真凜選手のお母様は専業主婦とのことですよ^^

本田真凜の祖父は年商20億の敏腕経営者!?

本田真凜選手の祖父が経営している会社は、精密機器の製造や運送を行う会社です!

元々は商社勤めをしていた祖父でしたが、運送会社の娘と結婚して婿養子に。

祖父が経営を継いでからは通常の運送業から、高額な精密機器を運ぶ物流会社へと変更。

関連会社4社を経営しており、年商は20億円以上とのこと(´゚д゚`)!!!

運送・物流だけでなくメンテナンスまでを一貫して行っているとのことで、他では真似できない新しいことに挑戦する敏腕経営者ですね☆

「孫には1人年間1,000万円かかる」と語っていたこともあるとのことで、個人的に金銭支援をされているのかもしれませんね!

まとめ

本田真凜選手のご実家がお金持ちの理由や、祖父についてご紹介しました!

お父様は祖父の会社で役員を務めていることがわかりました☆

お母様は専業主婦とのことなので、お父様の報酬だけで生活できるということですね( ゚д゚)ハッ!

また、祖父からの支援も少なからずあるようです。

本田家がお金持ちなのは、間違いなく祖父のおかげであることが言えると思いますね!

今後の本田兄弟のフィギュアスケートでの活躍が楽しみですね^^

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ