【しし座流星群2020】見れる日にちや時間は?ピークや方角も調査!

 

毎年11月中旬に見ることができる『しし座流星群』

2020年もしし座流星群の季節がやってきましたね☆

今年は一体いつ見ることができるのでしょうか?

また、ピークを迎える時間や方角も気になります!

そこで今回は2020年の『しし座流星群』について、見れる日にちや時間ピークや方角などを調査してまとめました^^

スポンサーリンク

 

【しし座流星群2020】見れる日にちや時間は?

毎年11月中旬に活動のピークを迎える『しし座流星群』

2020年も観測に適した時期がやってきましたね☆

しし座流星群が見れる日にちや時間は、一体いつなのかが気になりますよね!

2020年のしし座流星群が見れるのは・・・

11月17日の深夜~11月18日の明け方

とのこと!

放射点が空に昇ってくる23時頃から見え始めるとのことなので、23時以降に見るのがオススメですね♪

暗くなるほど流星群は見えやすく、真夜中に観測するのが良いようです!

夜中から明け方はグッと冷え込み寒くなるので、観測する際は暖かくしてくださいね^^

スポンサーリンク

 

【しし座流星群2020】ピークや方角は?

2020年も観測のタイミングがやってきた『しし座流星群』

せっかくなら、一番適しているピークの時間や方角で観測したいですよね☆

そこで最も観測に適している時間や方角を調査しましたよ(*´ω`*)

2020年のしし座流星群のピーク時間は?

今年のしし座流星群のピーク(極大)は、2020年11月17日の20時となっています!

ただ20時だと、放射点はまだまだ下のほう。

放射点が空に昇ってくるのは、東京だと23時頃となるようです!

そのため最も観測に適しているのは、23時すぎ頃となりますね☆

ちなみに・・・

関東や東北、北陸では腫れる地域が多いため、流星群の観測に適しているためチャンスが多くなるようです^^

2020年のしし座流星群の方角は?

しし座流星群の見れる方角ですが、これといって決まった方角はありません

しし座流星群は、放射点のある”しし座”から四方八方に流れる流星群

中心となる放射点はありますが、その近くだからといって多く流れ星が見れるわけではないのです(´゚д゚`)

そのため方角にはこだわらず、広く空を観測するのがたくさん流れ星を見るコツとなるようですね☆

空全体を見渡せる場所が観測に適していますよ!

周りに遮るものがなく、街灯などの明かり少ないなるべく暗い場所を選んで観測するのが良いと思います。

河川敷や広い公園などはオススメですね♪

今年は流星群の出現が少ないようですが、条件の良いところでは1時間に5~10個ほど見れるようです!

しし座流星群は全体的に明るい流れ星が多いため、観測しやすいと思いますよ^^

まとめ

2020年の『しし座流星群』についてご紹介しました!

毎年11月中旬に活動のピークを迎えるしし座流星群。

今年は11月17日深夜から18日明け方までが、観測に適しているとのこと☆

観測の時間帯は冷え込みますので、寒さ対策をしっかりして天体観測を楽しんでくださいね^^

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ