【恵方巻】2021年の節分が2月2日なのはなぜ?方角や正しい時間も調査!

 

節分

新しい年も始まり、2月に入ればすぐに訪れるのが『節分』ですよね!

毎年2月3日に行われるイメージの強い節分ですが、2021年は2月2日なのです(´゚д゚`)

一体なぜ、今年の節分は2月2日なのでしょうか?

また、節分といえば『恵方巻』

恵方を向いて無言で食べきる恵方巻。

今年の方角や正しい食べる時間も気になりますよね!

そこで今回は2021年の節分が2月2日の理由や、恵方巻きの正しい食べる時間や方角を調査してまとめました^^

スポンサーリンク

 

2021年の節分が2月2日なのはなぜ?

節分

毎年2月の最初にやってくるイベントといえば、『節分』ですよね!

2月3日のイメージが強い節分ですが・・・

2021年は「2月2日(火)」が節分となります!!

1日早く節分がやってくるので注意が必要ですね(´゚д゚`)

では一体なぜ、今年の節分は1日早いのでしょうか?

調べてみたところ・・・

節分は固定ではなく「立春の前日」というルールがあることがわかりました☆

節分は名前の通り、「季節の分かれ目」

立春の前日が節分に当たるのですが、この立春がズレることで節分の日にもズレが生じるのです!

立春の日がズレる理由は、超ざっくり言うと「うるう年」と同じ感覚とのこと。

一年を二十四節気に当てはめて運用すると、1年に少しずつズレが生じてしまうそう。

そのため、立春や節分にもズレが出てくるというわけですね!

ちなみに・・・

節分が2月2日になるのは、明治30年(1897年)以来、なんと124年ぶりのことなのだとか(´゚д゚`)

ただ37年前の昭和59年(1984年)は、節分が2月4日だったそうです!!

意外と近いところで変わっていたのですね(゜o゜;

2022年以降は?

そこで気になるのが、2022年以降の節分ですよね!

調べてみたところ・・・

2022年以降は2月3日に戻るそうです☆

ただ来年以降、節分が2月2日になるのは珍しくなくなるとのこと!

うるう年の翌年の節分は2月2日になるとのことなので、4年周期で2月2日の節分がやってくるというわけですね(*_*)

そのうち「節分は2月2日」というのが新しい常識になる日が来るかもしれませんね!

スポンサーリンク

 

【恵方巻】2021年の方角は?

節分といえば、最近の常識は『恵方巻』ですよね!

その年の恵方を向いて無言で食べることで、ご利益を受けることができると言われていますね♪

2021年の方角は・・・

方角

  • 南南東

となっています☆

2021年は歳徳神(としとくじん)様がいる『南南東』を向いて、無言でたいらげてくださいね^^

【恵方巻】食べるのに正しい時間は?

恵方巻

恵方巻の方角についてはわかりましたが、食べるのに適している時間はあるのでしょうか?

調べてみたところ・・・

特に食べる時間帯についての決まりはないとのこと!

朝でも昼でも夜でも、2月2日の間に食べればいつでもOKということです☆

1日の間でいつでも良いのであれば、忙しい人でも時間が作れそうですね^^

まとめ

2021年の節分や恵方巻についてご紹介しました!

2021年の方角は南南東、食べる時間帯はいつでもOKということがわかりました☆

また今年の節分は2月2日なので間違えないように注意してくださいね^^

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ