猫にもバリカンは必要?自宅で簡単にセルフカット☆毛玉対策にも!

自分でグルーミングをする猫にとって、トリミングに必要性を感じない人も多いと思います。

しかし、長毛猫の場合はどうでしょうか?

少しでもブラッシングを怠ると毛玉ができてしまったり、夏は暑くて伸びていたり・・・。

長毛猫をを飼っていると、こういったことで悩んでいる人もいると思います!

今回は猫のトリミングについて、バリカンでの簡単セルフカットをご紹介いたします^^

スポンサーリンク

 

そもそも猫にバリカンは必要?

犬のトリミングは一般的だけど、猫のトリミングに関してはほとんど知られていないですよね!

猫は自分でグルーミングをするので、必要ないと思っている人が多いのだと思います。

たしかに、短毛種の場合は必要ありません。

しかし長毛種の場合は、ちょっと違います!

毎日かかさずブラッシングができれば、トリミングをしなくても特に問題はないと思います。

しかし忙しく過ごす日々の中で、毎日決まった時間を取るのは難しいかもしれません。

少しでも怠ると、すぐに毛玉ができてしまうのが長毛種の猫

大きく固まった毛玉は、取り除くのがとても困難な場合が多いのです(T_T)

ハサミで取ろうとすると皮膚を傷つけてしまったり、触られるのを痛がって嫌がったり・・・。

熱中症になる可能性も高くなるんです!

なので、ご自宅の猫ちゃんの様子を見ながら、必要に応じてカットをしてあげてくださいね^^

猫のトリミングは自宅が安心♪

猫は『家になつく』と言われるほど、縄張り意識の強い動物です。

自分のテリトリー以外の場所に行くことを非常に嫌がるんですよね!

なかには、知らない人に触られたりすることを嫌がる猫もいます。

怒った猫は大変!飼い主でさえ手に負えない事態になることも・・・。

そういった事態を避けるためにも、自宅でのトリミングをオススメします☆

ただ、ハサミを使ってのトリミングは、素人にはとっても危険!

なので、安全性の高い【バリカン】を使ってカットしてあげてくださいね^^

おすすめの猫用バリカン☆

我が家にも長毛の猫が1匹いて、以前からセルフカットに興味があったんです!

このたび猫用バリカンを購入し、やっとセルフカットに挑戦することができました☆

使った感想は・・・最高です♡笑

ガンガン切れます!軽ーくやってもガンガン切れます!!

長毛猫の毛はやわらかくてふわふわしているので、「この毛が本当に切れるのかな~」と半信半疑だったのですが、全く問題なし!

こんなことならもっと早くやってあげればよかった・・・とかなり後悔。

愛猫も今のところ、とっても快適そうです♪

私が購入した猫用バリカンはこちら☆

EVELTEK ペット用 バリカン プロ用 電動 低騒音 犬 猫 トリマー ト(充電式 コードレス) 足裏 全身カット用

 

口コミも良く、価格もお手頃だったので購入。

とってもいい買い物になりました^^

届いた箱はこんな感じです!

海外製とのことだったのでそこだけ不安だったのですが、何も問題はなかったです♪

説明書は日本語のものだったので、かなり助かりました☆

長さを調節できるアタッチメントが4種類もついていたり、本体にも長さ調節がついているんです!

また充電式なのも良かったです☆

音も静かで猫も嫌がらないので、おすすめのバリカンですよ♪

どれを買えばいいのかわからないという人は、参考にしてみてくださいね^^

スポンサーリンク

 

バリカンでのセルフカットのやり方☆

バリカンを手に入れたら、早速カットをしていきましょう!

私はこちらの動画で、バリカンの角度や動かし方を参考にしました♪

猫がびっくりしないように、優しくゆっくりカットしてあげてください!

また、猫は犬と違っておとなしくしていることができません。

だからといって押さえつけたり、無理やり続けようとしないでくださいね!

なので嫌がったすぐやめる、落ち着いたらまたカット、というように、ゆっくり気長に進めてください♪

慣れるまでは、ざく切りになってしまうかもしれませんが、そこは愛嬌で・・・^^笑

どのくらいの長さまでカットすればいいの?

個人的には、丸刈りまでカットしなくていいと思っています!

それまで毛に覆われていたのに、急に丸刈りにされたら風邪を引いてしまうかもしれませんし。

なにより、怪我をしやすくなってしまうかも・・・。

短毛種の猫の毛長くらいまでき切ってあげるのがいいと思います!

短くしすぎず、毛玉ができない程度の毛で揃えてあげましょう☆

我が家の場合は、本体のつまみを0.8mmに調節し、そこに3mmのアタッチメントを付けてカットしています。

お尻周りだけは本体のつまみを2mmにセットして、アタッチメントはつけずにカットしています。

お尻周りの毛が長いと排泄物が毛についてしまうことがあるので、清潔を保つためにも短めにカットするようにしています!

初めは長めのアタッチメントで様子を見ながら、少しづつカットしていってくださいね^^

我が家の猫はこのような姿から・・・

こんな感じになりました!

あまり違いがわかりませんかね(^.^;笑

これでも実際に見るとかなりスッキリしてます!

夏の間にもう少し短くしてみようと思っています^^

まとめ

猫のトリミングについてご紹介しました!

犬だけでなく、猫にもトリミングが必要な場合があります。

短毛種の場合は必要ありませんが、長毛種がカットしてあげると良いです☆

毛玉になるのを防ぐこともできるので、こまめにブラッシングができない場合はトリミングしてあげてくださいね^^

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ