郵便料金がまた値上げ・・・いつから?いくら変わる?交換時の手数料も調査!

 

2019年10月の消費税増税に伴い、郵便料金の値上げが発表されました。

2014年4月に値上げしてから5年・・・また値上げですか(._.)

商品によって値上げ料金に差があるため、「今ハガキや手紙が今いくらで送れるのかわからない」という人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は郵便料金の値上げについていつから適用されるのかいくら変わるのかをまとめました☆

また、古い切手やハガキは交換できるのかその際の手数料についても併せて調査しました^^

スポンサーリンク

 

郵便料金の値上げはいつから?

新料金が適用されるのは、2019年10月1日(火)からです!

なので、現行の切手やハガキが使えるのは2019年9月30日(月)までとなります。

個人で切手を貼って手紙を出す、という機会は減っているかもしれませんが、企業にとっては一大事ですよね(._.)

1日違うだけで料金が違ってくるため、なるべく早めに出しておきたいものです。

たった1円や2円でも、出す数が多ければ出費もその分増えますからね!

ちなみに・・・新料金の適用は10月1日からですが、新料金に対応した切手やハガキは8月20日(火)9:00から販売開始されていますよ。

郵便料金はいくらになる?

2019年10月1日から適用される、郵便の新料金。

一体どのくらい値上げしているのかというと・・・

旧料金と新料金の比較はこちら↓

物によって、料金の値上げに差がありますね!

よく使うところだと、手紙を送る際の切手が、82円から84円と2円UP

ハガキは62円から63円と1円UPです!

定形外の郵便は、サイズによっては料金が変わらないようですね。

ちょっと複雑。なんなら全部2円UPとか一律にしてくれた方がわかりやすいですよね(._.)

これは覚えるのに時間がかかりそうです・・・(・・;)

スポンサーリンク

 

古い切手やハガキは交換はできる?手数料は?

古い切手やハガキは郵便局に持ち込みすると、新しいものに交換することが可能です☆

しかし・・・交換する際には手数料が発生してしまいます!!

その際の手数料は、切手やハガキ1枚につき5円

1~2枚であれば5~10円で済みますが、10枚単位で交換する場合にはかなりの出費ですよね(,,゚Д゚)

切手の値上げは定形内なら2円ですし、ハガキも1円の値上げです。

手数料の方が高くついてしまうので、交換するのではなく、『1円切手』『2円切手』を購入するのがおすすめ!

古いハガキや手紙は、不足分の切手を貼ることで対応することができますので♪

切手やハガキはコンビニなどでも購入することができるので、わざわざ郵便局に出向く必要もありませんよ☆

そのまま使えないという点ではちょっと不便かもしれませんが、節約のためにも『交換』ではなく『切手』で対応してみてくださいね^^

書き損じハガキや切手も交換可能!

書き損じハガキや切手も、新しいハガキや切手に交換することができます!

レターパックやスマートレターも、書き損じ分は交換可能です☆

もし「宛名間違えちゃった~」というものを持っている人は、郵便局に持っていくと無駄にならずに済みますね♪

ただこの場合も、1枚5円の手数料がかかるので注意してくださいね!

対応商品などの詳しい情報は、日本郵便の公式サイトでご確認ください☆

日本郵便(書き損じはがき・切手の交換)

まとめ

郵便料金の値上げについてご紹介しました!

値上げ料金が一律ではないため、ちょっと複雑でわかりにくいところもあります。

10月1日からの値上げなので、間違えないように注意が必要ですね。

また年賀状も同じく値上げの対象なので、ますます年賀状離れに拍車をかけることになるかもしれませんね(-_-;)

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ