【100日後に死ぬワニ】電通案件のステマだった?いつから?炎上まとめ

 

2020年3月20日に最終回を迎えた、きくちゆうきさん作の漫画『100日後に死ぬワニ』

最終日である100日目が公開されると、ワニさんの最後に様々な考察がされ話題に!

感動に包まれた作品でしたが、実は『電通』が絡んでいたことがわかり「ステマなのでは?」という疑惑が浮上しているんですよね(*_*)

一体どういうことなのでしょうか?

そこで今回は『100日後に死ぬワニ』について、電通案件のステマ疑惑や炎上している理由をまとめてみました!

スポンサーリンク

 

【100日後に死ぬワニ】電通案件のステマだった?

2020年3月20日、ついに最終回を迎えた4コマ漫画『100日後に死ぬワニ』

主人公・ワニさんが亡くなるまでの100日間の日常が描かれ、大きな話題となった”きくちゆうき”さんの作品ですね!

感動の最終回でしたが・・・終了と同時に、書籍化や某アーティストとのコラボ、グッズ化や映画化まで矢継ぎ早に発表されました。

その中で、『電通』との関わりが発覚!!

100日後に死ぬワニの公式Twitterを管理しているのが「ベイシカ」という会社なのですが、この会社の取引先の1つに『電通』があったため判明しました。

また「いきものがかり」とのコラボムービーのクレジットにも、電通の関係者である”根本陽平”さんのお名前を発見!

電通といえば、過去に労働問題で注目を集め、「ブラック企業大賞」を受賞したこともある企業ですよね・・・。

良いイメージを持っている人はあまりいないと思われます。

しかも命をテーマにした作品に電通が関わっているため、今回の炎上に繋がっているようですね(._.)

スポンサーリンク

 

【100日後に死ぬワニ】電通案件のステマはいつから?

電通との取引案件疑惑が浮上している『100日後に死ぬワニ』

気になるのは、いつから取引があったのかですよね!

最初からなのか、はたまた途中からなのか・・・

調べてみたのですが、ハッキリとしたことはわかりませんでした(._.)

作者であるきくちゆうきさんは、100日後に死ぬワニの投稿を始めた当初、いきなりバズったことに困惑した様子だったんですよね。

バズったことで別作品の紹介などもしていましたので、最初から電通が絡んでいた行動とは思えないかも・・・。

しかし最終回からの怒涛の発表は、用意周到すぎて「最初から繋がっていたのでは?」と感じても不思議ではないですよね(>_<)

ただ1日1作品の投稿で、最終回を迎えるまでに100日間という期間があります。

そのため、途中からでも急いで企画・準備などを進めれば最終回に間に合うようにプロモーションすることは可能かもしれませんよね。すっごい大変だろうけど。

バズったことで電通を始めとした企業が興味を持ち、比較的早い段階でアプローチした、というのが1番しっくりくるかも。。。

詳しいことは分かり次第、情報を更新していきますね!

【100日後に死ぬワニ】ステマ疑惑に対するネットの反応

感動を呼んだ最終回を迎えた『100日後に死ぬワニ』ですが・・・

電通案件やステマ疑惑が出ると、ネットの反応も様々でした!

やはり、冷めてしまった人が多く見られますね・・・(-_-;)

純粋に作品を楽しんでいた人にとっては、「ビジネス感」を全面に出している感じが、ちょっと裏切られた気持ちになってしまったのかもしれませんね。。。

まとめ

『100日後に死ぬワニ』の電通案件やステマ疑惑についてご紹介しました!

もちろん電通の全てが悪いわけではないですが、やはり一度ついてしまった悪いイメージは、簡単には払拭できないようですね(-_-;)

純粋に100日後に死ぬワニを楽しんでいた人にとっては、後味の悪い結果になってしまったかもしれません。

今後の動きにも注目ですね!

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ