M-1賞金は2位以下も出る?優勝賞金は税がかかる?手取り総額を調査!

 

漫才

年末に開催される、漫才師の日本一を決める大会『M-1グランプリ』

M-1出場や優勝は、お笑い芸人の夢でもある大きな大会ですよね☆

日本一候補の漫才師たちが披露する漫才は、どれも面白くて毎年楽しみにしている人も多いのではないでしょうか!

そんなM-1グランプリ、1位には1,000万円という賞金が贈られることは有名ですが・・・

2位以下にも賞金は出るのでしょうか?

また優勝賞金には税金がかかるとのウワサがあるのですが、手取り総額はいくらになるのかも気になりますよね!

そこで今回はM-1グランプリの賞金について、2位以下にもあるのか総額はいくらになるのかを調査してまとめました^^

スポンサーリンク

 

M-1賞金は2位以下も出る?

毎年開催されている、漫才師日本一を決める大会『M-1グランプリ』

「日本一の漫才師」という名誉はもちろんのこと、優勝者には1,000万円の賞金が贈られる、まさに芸人にとっては夢の舞台です☆

優勝賞金が贈られることは有名ですが、2位以下にも賞金は出るのでしょうか?

結論から言うと・・・

優勝賞金はグランプリのみで、2位以下には全く出ません!!

スポーツなどの大会だと、2位以下にも賞金が出ることが一般的だと思いますが・・・

残念ながら、M-1グランプリでは優勝者への1,000万円しかないようです(._.)

だからこそ、M-1グランプリで優勝することは芸人にとって夢なのでしょうね☆

企業から贈り物があることも!

ただ賞金ではないですが・・・

ネタの中に特定の商品の名前などを使った場合メーカー側から商品が贈られたりすることもあるそうです(´゚д゚`)

2019年にはすゑひろがりずが、ハッピーターンを使ったネタを披露したところ、亀田製菓から「お菓子詰め合わせ」が贈られたことが報告されていますね☆

しかも、まさかのすゑひろがりずバージョン”寿返し”のハッピーターンを特別に作ってくれたのだとか(゜o゜;

企業側にとっても、宣伝してくれているという認識なのでしょうね^^

スポンサーリンク

 

M-1優勝賞金は税がかかる?手取り総額は?

優勝者に賞金1,000万円が贈られるM-1グランプリ。

しかし明確には・・・なんと1,000万円ではないそうです(´゚д゚`)

実は優勝賞金には税金がかかるため、もらえる総額はその分少なくなってしまうとのこと。

ちなみに細かい金額に関しては、2018年に優勝した霜降り明星が「410万円」と暴露していました!

霜降り明星はコンビなので、もちろん410万円は1人あたりの金額なのですが・・・

1人約90万円の税金が引かれていることがわかりますね(゜o゜;

優勝賞金にかかる税金を調べてみたところ・・・

  • 源泉徴収
  • 復興特別所得税

という2種類の税金がかかることがわかりました!

源泉徴収に関しては、100万円までは10%100万円を超えた場合は超えた分に20%の税金がかかるそうです。

プラスしてかかる復興特別所得税は2.1%

2つを合わせると、91万円強が税金で引かれる計算になるのです!

90万円以上が税金で引かれていると考えると、なんだか複雑な気持ちになりますよね(-_-;)

ただ芸人さんにとっては、優勝という名誉はお金以上の価値があるのだと思います☆

まとめ

M-1グランプリの賞金についてご紹介しました!

1,000万円の賞金は、実は手取り総額は違うことがわかりましたね(´゚д゚`)

100万円近くが税金で引かれていることが衝撃でしたが、芸人さんにとっては優勝したという事実の方が重要なのかもしれませんね^^

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ