沢尻エリカの母親リラはベルベル人の美人シェフ!経営するレストランはどこ?

 

日本人とフランス人の間に生まれた、ハーフの沢尻エリカさん!

母親であるベルベル人のリラさんとは、とっても仲良くて有名ですよね☆

実は母親のリラさんは、美人シェフとしてレストランを経営していたこともある料理のプロなんです!

リラさんが経営していたレストランは、一体どこだったのでしょうか?

そこで今回は、沢尻エリカさんの母親であるリラさんの経営するレストランの場などをご紹介いたします^^

スポンサーリンク

 

沢尻エリカの母親・リラはベルベル人!

沢尻エリカさんは、日本人とフランス人のハーフであることは有名ですよね!

そんな沢尻エリカさんの母親であるリラさんは、アルジェリア系フランス人です☆

正確には、『アルジェリア生まれ・フランス育ちのベルベル人』なんだとか(゜o゜;

”ベルベル人”って聞き慣れないですが、どんな民族かというと・・・

「北アフリカの広い地域に古くから住む、文化的な独自性を維持する先住民族」

とのこと。ちょっと難しいですね(._.)笑

ベルベル語という独自の言語を母語とするようで、宗教はイスラム教を信仰する民族ということです!

リラさんにはこんなルーツがあったんですね( ゚д゚)ハッ!

そんなリラさん、実はオーナーシェフとしてレストランを経営していたこともあるんです!

スポンサーリンク

 

美人シェフ・リラが経営していたレストランはどこ?

沢尻エリカさんの母親であるリラさんは、レストラン経営をするオーナーシェフを務めていた過去があるんです!

リラさんが経営していたのは、西荻窪にあった地中海レストラン『リラズ・テーブル』

地中海料理のレストランで、知る人ぞ知る名店だったそうですよ!

路地裏にひっそりと存在する、隠れ家的なとっても可愛い外観のレストラン♪

カウンターとテーブル席が2席という小さなレストランで、アットホームな雰囲気が人気で常連客も多かったそうです☆

ちなみに・・・沢尻エリカさんがお手伝していたこともあるそうですよ( ゚д゚)ハッ!

 

しかし残念なことに、2007年2月に閉店されています。

閉店に関して詳しい理由は明らかにされていませんが、リラさんは「少しのんびり休みたいです」と話されていたそうです。

リラさんは女手一つで子供たちを育ててきたとのことなので、子育てと仕事ばかりで大変だったと思われます。

少し休みたいという気持ちもわかりますよね。

ただ、人気だった地中海料理が食べれなくなってしまったのは残念ですね(._.)

リラズ・テーブル

住所

〒167-0053

東京都杉並区西荻南3丁目15-17

※ 2007年2月閉店

母親・リラはレシピブックも発売していた料理のプロ!

リラさんは実は、2017年にレシピ本『沢尻リラさんの家庭で作る地中海料理』を発売されているんです!

沢尻リラさんの家庭でつくる地中海料理【電子書籍】[ 沢尻 リラ ]

 

オーナーシェフとして、レストランを経営しながらシェフとして腕をふるっていたリラさん。

お店を閉めた後も、料理に対する思いは変わっていなかったようですね☆

「食べる楽しみは生きる楽しみ」という名言を残しているリラさんが、初めて手掛けたレシピ本。

地中海料理を日本人にも好まれるようにアップデートし、作りやすいレシピとして完成させたのだとか♪

なんと!レストランで出していたメニューも公開しているそうですよ( ゚д゚)ハッ!

リラさんの味が好きだった人にとっては、「またあの味が食べれる!」と喜んでいる人も多いのではないでしょうか^^

まとめ

沢尻エリカさんの母親・リラさんについてご紹介しました!

過去にオーナーシェフとしてレストランを経営していたリラさん。

隠れ家的なレストランで、常連客も多かったようですね☆

現在は閉店していますが、レシピ本を出すなど料理に関わるお仕事は続けられているようです!

レシピ本の第2弾も期待ですね^^

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ