デブ味覚とは!?出汁で簡単にダイエットできる?作り方や痩せる理由を調査!

 

2019年10月27日『健康カプセル!ゲンキの時間』にて、「デブ味覚改善出汁」が放送されて話題になっています!

「デブ味覚」・・・かなり衝撃的なパワーワードですよね(*_*)

この味覚を持っている人は、太ってしまうという恐ろしい味覚なのだとか・・・。

今回はそんな「デブ味覚」を改善してくれるという、『デブ味覚改善出汁』の作り方や効果について調査してまとめました^^

スポンサーリンク

 

『デブ味覚』とは?

太っている人と痩せている人の違い・・・実は「味覚」が関係しているのだそう( ゚д゚)ハッ!

太っている人は、『デブ味覚』になっている可能性があるいうのです!

デブ味覚とは、旨味を感じにくくなってしまっている状態とのこと。

人の味覚は本来、

・苦味

・甘味

・塩味

・酸味

・旨味

の5種類。

この中で旨味の感覚が鈍くなると、甘味や塩味に頼ることになり、結果として肥満になりやすいということが研究で明らかになったそうです!

濃い味付けや甘いものを食べないと脳が満足できなくなり、肥満に繋がってしまうということですね(._.)

『味覚改善出汁』で簡単にダイエット!

『デブ味覚』『痩せ味覚』に変えることができれば、簡単にダイエットすることができる」

この理論の元、作られたのが『デブ味覚改善出汁』です☆

旨味が豊富な『出汁』を毎朝飲むだけで、中性脂肪や味覚の改善に繋がるという出汁ドリンク

こんな魔法のようなダイエット法は、福岡県のダイエット外来の医師である工藤孝文医師が考案したものです!

1日1杯飲むだけダイエット やせる出汁【電子書籍】[ 工藤孝文 ]

 

工藤孝文先生の患者さん30名は、なんと2週間で平均-5.3kgという結果を出されたのだとか(´゚д゚`)

2週間という期間は、舌の味覚を感じる部分”味蕾(みらい)”細胞が生まれ変わり、『デブ味覚』がリセットされるのに必要な期間ということです。

出汁を飲んで2週間で痩せるなら、試さないわけにはいかないですよね!

ちなみに・・・『デブ味覚』の人は、出汁を飲んでも数日間は「おいしくない」と感じるそうです(*_*)

ただ3日~1週間で、味覚の変化が感じられるとのこと☆

出汁に飲み慣れてくると、普段食べていた食事が濃い味に感じるようになるようです!

スポンサーリンク

 

『味覚改善出汁』の作り方☆

■ 材料

かつおぶし・・・30g

煮干し・・・10g

刻み昆布(塩分を含まないもの)・・・10g

緑茶・・・5g

■ 作り方

① フライパンを中火で熱し、かつおぶし&煮干しを入れて3~5分乾煎りする。

※かつおぶしはパリパリ、煮干しはサクサクになればOK!

② ①と、昆布&緑茶をミキサーに入れてパウダー状になるまで混ぜる。

 

工程はたったこれだけ!

材料を量ったら、フライパンで乾煎りしてミキサーで全ての材料を混ぜるだけで出来上がりです☆

密閉できる容器に入れれば、冷蔵庫で約2週間保存できるとのことですよ♪

ちなみに・・・ミキサーがないご家庭や全ての材料が揃わない場合は、それぞれ市販の粉末でも代用が可能とのこと。

かつおぶし粉:6

煮干し粉:2

昆布粉:2

緑茶(粉):1

の分量をしっかりと混ぜ合わせればOKですよ^^

おすすめの摂り入れ方は?

毎朝大さじ1杯の手作り出汁を、150cc~200ccmのお湯で溶かして飲むだけ!

1日たった1杯だけですし、作り置きしておけば忙しい朝でも手軽に摂り入れられますよね☆

また、調味料として料理の味付けに使うのもおすすめです!

お肉や魚の味付けや、野菜炒めなどの炒め物の味付けにもピッタリですよ♪

ヘルシーで薄味に仕上がるので、健康にも良い食事を作ることができますね^^

まとめ

『デブ味覚改善出汁』についてご紹介しました!

太っている人が持っているという『デブ味覚』

濃い味が好きな人、甘いものがやめられない人は、ぜひ手作り出汁生活に挑戦してみてくださいね☆

ダイエットだけでなく、健康や心の安定、疲労の改善効果も期待できるという『デブ味覚改善出汁』

もちろん運動も大事ですが・・・まずは体質改善をし、健康的にダイエットに挑戦してみましょう^

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ